2018年 5月 27日 (日)

777後継「エアバスA350-1000」初飛来 JAL社長は「ノートラブル」に期待

印刷

   日本航空(JAL)が大型旅客機のボーイング777型機の後継機として導入を決めている仏エアバス社のA350 XWB型機が2018年2月14日、東京・羽田空港で報道陣にお披露目された。

   今回お披露目されたのは、3種類あるA350 XWB型機のうち長胴型の1000型で、日本に飛来するのは初めて。標準型の900型は15年から世界中で運航されているが、いわゆる「初期不良」はほとんど発生していない。JALでは19年度からA350の導入を始める予定で、植木義晴社長は「この飛行機を選定して良かったと確信を深めている」と期待を寄せていた。

  • 日本で初公開されたエアバスA350-1000型機。JALはボーイング777-300ER型機の後継機種として導入する
    日本で初公開されたエアバスA350-1000型機。JALはボーイング777-300ER型機の後継機種として導入する
  • 操縦席も公開された
    操縦席も公開された
  • ビジネスクラス
    ビジネスクラス
  • エコノミークラス
    エコノミークラス

19年度から国内線でA350-900型を導入

   XWBは「エクストラ・ワイド・ボディ」の略で、従来のエアバス機よりも胴体の幅が広く、機内スペースにゆとりを持たせているのが特徴。機体に炭素繊維を多く使っているため、金属が中心の従来機よりも軽くなり、湿度や気圧も高く設定できる。エアバスでは、A350はボーイング777機と比べて燃費や整備で25%コストが削減できると説明している。900型と1000型ではシステムや部品の95%は同じだが、1000型は900型よりも7メートルほど長い。1000型は全長73.78メートルで、長距離路線向けのボーイング777-300ER型機(73.9メートル)とほぼ同じだ。

   JALは900型(325席)を18機、1000型(366席)13機を確定発注。最大25機を追加購入できるオプション契約も結んでいる。19年度から国内線で900型の導入を始め、追って1000型も国際線の長距離路線に投入する。旧日本エアシステム(JAS)が導入した機材を除けば、JALがエアバス機を導入するのは初めてだ。

3機あるテスト機のうち1機が飛来

   900型は15年1月にカタール航空が導入したのを皮切りに、すでに146機が17社に対して納入されている。JALの植木義晴社長は、

「非常に好調で、ほとんどノートラブルの状態でこの3年飛行している。よく言われる初期故障がほとんど見られない中、私としてもこの飛行機を選定して良かったと確信を深めている」

と、安定した飛行ぶりを高く評価した。

   1000型はJALを含む11社が計169機を発注。18年2月20日に1号機がカタール航空に引き渡される予定だ。

   今回飛来したのは3機ある1000型のテスト機のうちの1機で、フランス・トゥールーズのエアバス社を1月26日(現地時間)に出発。ドーハ(カタール)、マスカット(オマーン)、香港、ソウル(韓国)、台北(台湾)、ハノイ(ベトナム)、シンガポール、バンコク(タイ)、シドニー(オーストラリア)、オークランド(ニュージーランド)を経て2月14日未明に羽田空港に到着した。同日夜にはマニラ(フィリピン)に向けて出発し、その後エアバス社に戻る。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中