2018年 6月 22日 (金)

狩野英孝「QRコード」タトゥー読み込むと... 「アクセス不狩野~」

印刷

   お笑い芸人の狩野英孝さん(35)が2018年2月15日、タトゥーを入れたことをブログとインスタグラムで報告した。

   しかし、本気ともボケとも受け取れる投稿に、ツッコミや質問が相次いでいる。

  • 狩野英孝さん(2017年1月撮影)
    狩野英孝さん(2017年1月撮影)
  • QRコードのタトゥー(画像は狩野さんインスタグラムより)
    QRコードのタトゥー(画像は狩野さんインスタグラムより)

柄を悩んだ結果...

   狩野さんはブログで「タトゥー入れちゃいました」というコメントとともに、自撮り写真を掲載。左肩の「QRコード」柄のタトゥーを披露した。

「龍、ヘビ、鯉、トラ なんのタトゥーいれようか 悩んだ結果、 QRコードにしました。。」

と説明している。

   本気なのかボケなのかよく分からないため、これには多くの人が困惑。ブログとインスタグラムのコメント欄には

「え 狩野さん...どーしちゃったんですか」
「マジで!?嘘でしょう!?」

など驚きの声が相次いだ。

   一方で、タトゥーではないとの見解を示す人もおり、

「腕の幅からしてタトゥーのサイズが小さすぎるし、QRコードの下側が歪んでるし、タトゥー入れたときと違うように見える。シールかな?」
「加工でディテールを上げると右下の角は剥がれかけていたりシールとわかる」

といった指摘がされた。実際にQRコードを読み取ろうとした人もいたが、

「アクセス不狩野~w」

だったという。J-CASTニュース編集部でも試してみたが、情報は読み取れなかった。

   タトゥーなのかシールなのか、はたまた別の何かなのか――。16日午前現在、真実は明らかになっていない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中