2018年 7月 18日 (水)

「ソチの真央ちゃん」彷彿!ネイサン・チェン4回転ジャンプ6回に感動殺到

印刷

   平昌五輪フィギュアスケート男子シングル、フリースケーティング(FS)で米国のネイサン・チェンが4回転ジャンプに6回挑戦し、うち5回を完璧に成功させた。

   優勝候補ながらショートプログラム(SP)でミスを連発し17位と出遅れたが、フリーで圧巻の演技。前回ソチ五輪での浅田真央を彷彿させた。

  • ネイサン・チェンの演技に浅田真央を思い出す人が続出(写真は2017年4月撮影)
    ネイサン・チェンの演技に浅田真央を思い出す人が続出(写真は2017年4月撮影)

「ネイサン・チェンは歴史を作った」

   2018年2月17日に行われた平昌五輪のフリーで、ネイサンはプログラムに8つ組み込んだジャンプのうち4回転が6つ。最初の4ルッツを綺麗に着氷すると、4フリップ+2トウループのコンビネーションも成功。次の4フリップは手をつくも転倒せずにこらえた。

   ヒヤリとさせたがその後まったく動揺していなかった。基礎点が1.1倍になる演技後半には、4トウループ+3トウループのコンビネーション、4トウループ、4サルコウを次々に決めた。ラスト2つの3アクセル、3フリップ+1ループ+3サルコウも成功。大きなミスなく滑り切り、「4回転の申し子」ぶりを遺憾なく発揮した。演技後は小さくガッツポーズし、顔を手で覆った。

   フリーの得点は215.08点。うち技術点(TES)は驚異の127.6点だった。これは、フリーの歴代最高223.2点を記録した17年世界選手権での羽生結弦の技術点126.12点を上回る。米国フィギュアスケート協会はツイッターで「6回のクワド(4回転)。ネイサン・チェンは歴史を作った」と称えている。

「浅田真央のあの復活のフリーを思い出した」

   ショートをまさかの82.27点の17位で折り返した影響で、滑走順は第2グループの全体9番。それでも前日のミスを引きずらず、吹っ切れたかのような開放的な演技は、14年ソチ五輪で失意のショート16位から6種8トリプルを含む「伝説のフリー」を演じた浅田真央と重なる部分があった。ツイッター上では演技後、「ネイサン」に加えて「ソチの真央ちゃん」が一時トレンド入りし、

「ネイサン、浅田真央のあの復活のフリーを思い出したなあ。何にせよ力のある人が、本来の力を取り戻す姿はめでたい。良かった」
「悔しいだけのオリンピックにならなくて本当に良かった!! ソチのラフ真央を思い出すような、渾身の素晴らしいプログラムをありがとう」
「FS後のいつもは冷静なネイサンの表情に、ソチの真央ちゃんの涙を思い出した」

といった言葉が続出した。

   18年四大陸選手権のペア金メダリスト、米国のタラ・ケインもツイッターで「ネイサンは2014年の真央がフリーで見せたような救いを思い起こさせる。アメイジング!」と投稿していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中