2018年 6月 22日 (金)

「羽生君より大物かも」 宇野昌磨「失敗した時点で笑いが込み上げてきた」...天然発言連発にネット興奮

印刷

   平昌五輪のフィギュアスケートで銀メダルを獲得した宇野昌磨の「マイペース」ぶりが、ネットユーザーを興奮させている。

   競技終了後、インタビューエリアに現れた宇野は天然発言を連発。「破滅的に可愛い」「羽生くんより大物かも」などとファンを楽しませた。

  • 平昌五輪フィギュアスケート男子が行われた(写真はイメージです)
    平昌五輪フィギュアスケート男子が行われた(写真はイメージです)

「この後に表彰式あるんですか?」

   2018年2月17日に行われたフリースケーティングで最終滑走者だった宇野。「僕は(他の選手の演技を)全部見てたので、自分がどんな演技をしたらどの位置にいくか大体分かっていて。もし僕が1位になるとしたら、本当に完璧な演技したら点数で1位になれたんですけど」と話したと思えば、

「1個目の(4回転)ループを失敗した時点で、ちょっと、もう...笑えてきました」

と言ってフフッと笑った。「そこまで冷静だったのですか」という問いにも

「そうですね。1個目を失敗した時点で、もう頑張ろうって、なんか焦ることなく、笑いが込み上げてきました」

と頬をほころばせた。

   宇野はフリー冒頭の4回転ループで転倒したが、その後は大きなミスなくまとめあげている。演技を終えてリンクから引き上げた際は、樋口美穂子コーチと抱き合って「あぶねー」とこぼしたが、表情は穏やかだった。

   20歳で初の五輪出場ながら銀メダルを獲得した。インタビューでは「この後表彰式もありますけど、どんな気持ちですか」と聞かれると、キョトンとした顔で

「この後に表彰式あるんですか?」

と逆質問。「メダルセレモニーが夜あります」と教えられると、「う~ん」と上を向き、「そんなになんか、特別な思いはやっぱりなかったですね、最後まで」と、あっけらかんとして話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中