2018年 12月 17日 (月)

ロシア疑惑に「時間使いすぎ」 トランプ大統領、フロリダ乱射事件に乗じてFBI批判

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2016年秋の米大統領選でトランプ陣営に対してロシアの関与があったとされる、いわゆる「ロシアンゲート」(ロシア疑惑)をめぐり、トランプ大統領が2018年2月17日深夜(米東部時間、日本時間18日午後)、「ロシアとの癒着はない」と改めて疑惑を否定した。

   ロシア疑惑を捜査している米連邦捜査局(FBI)は、2月14日に南部フロリダ州で17人が犠牲になった銃乱射事件の容疑者に関する事前通報を放置していたとして陳謝したばかり。トランプ氏はFBIの対応を「非常に悲しい」としながら、ロシア疑惑の「証明に時間を使いすぎ」だと指摘した。乱射事件に乗じる形でロシア疑惑への捜査の中止を求めたともとれる発言だ。

  • ロシア疑惑の捜査に「時間使いすぎ」とトランプ氏
    ロシア疑惑の捜査に「時間使いすぎ」とトランプ氏

「トランプ氏は、普段は示唆していることを明示的に言った」

   フロリダ州の乱射事件をめぐっては、元生徒のニコラス・クルーズ容疑者(19)の殺人願望や学校襲撃の可能性があるとする知人からの通報が1月時点でFBIに対して寄せられていたが、追跡捜査は行われなかった。適切に対応していれば事件は防げた可能性もあり、FBIのレイ長官は2月16日、不手際を求めて陳謝する声明を出した。

「フロリダの学校襲撃事件の犯人が出していたシグナルを全てFBIが見逃していたというのは非常に悲しいことだ。これは受け入れられない」

とFBIを非難。直後に

「ロシアとトランプ陣営の癒着を証明しようとして時間を使いすぎだ。癒着はない。基本に立ち返って皆の誇りを取り戻すべきだ」

と続けた。この書き込みでは、トランプ氏が直接的に捜査の中止を求めたわけではないが、トランプ氏への返信の中には

「トランプ氏は、普段は示唆していることを明示的に言った。ロシア疑惑の捜査をやめさせたい、ということだ」

といった声も出ている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中