2018年 11月 17日 (土)

スターリン映画ポスターで「粛清」 セクハラ疑惑の俳優が姿消す

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   旧ソ連の指導者、ヨシフ・スターリンを題材とした映画のポスターから、主要キャストの姿が抹消された――米国で起こったそんな騒動が、ちょっとした話題となっている。

   スターリン時代といえば、失脚した有力者は写真などからも容赦なく「消された」ことが有名だ。まるで当時の「粛清」をなぞったようなこの事件、いったい何が起きたのか。

  • 映画公式アカウントがツイッターで公開していた、当初のポスター
    映画公式アカウントがツイッターで公開していた、当初のポスター
  • 米国での配給会社がサイトで公開している、新ポスター
    米国での配給会社がサイトで公開している、新ポスター

スターリンの死を描くブラックコメディー

   話題となっているのは、英仏合作映画「ザ・デス・オブ・スターリン」のポスターだ。1953年のスターリンの死をめぐり、遺された有力者たちが繰り広げる権力闘争を描くブラックコメディー作品で、英国などではすでに2017年秋に公開、18年3月には米国での配給開始が予定される。スターリン再評価が進むロシアでは、「上映禁止」も大真面目に検討、話題を呼んだ。

   そんな本作のポスターは、ソ連国旗をバックに、主要キャスト5人が肩を並べる構図となっている。ところが、米国公開にあたって公表されたポスターでは、元々のバージョンから、5人中2人が別のキャストと入れ替わっていたのだ。

   中でも注目を集めたのは、中央にいたはずのマレンコフ役、ジェフリー・タンバーさんの不在である。

   マレンコフはスターリン没後に首相に就いた、本作でも重要なポジションを占めるはずの人物だ。タンバーさん自身ベテラン俳優として知られ、ポスターのキャスト一覧でも、「トメ」の位置に名前が掲載されている。そんな主要キャストが、なぜポスターから抹消されてしまったのか。

   実はタンバーさんは2017年秋以降、スキャンダルに揺れている。アマゾン・プライムで配信されている人気ドラマ「トランスペアレント」に出演していたのだが、共演者らへのセクハラを告発されたのだ。本人は潔白を主張しているものの、2月15日、正式降板が報じられた。

   ポスターからの「粛清」が明らかになったのは、その直後であった。

こんなところまでソ連流に...

   スターリン時代の旧ソ連では、権力に逆らった人物は、歴史をさかのぼってまでその存在を「なかったこと」にされた。

   たとえば革命初期の大物トロツキーは失脚後、レーニンと一緒に写っていた写真からきれいに姿を消されたし、スターリンの側近として処刑の大ナタを振るったエジョフは自分も粛清され、彼が隣にいたはずのスターリンの公式写真には、不自然な空白が残った。

   今回の「抹消」の理由は明らかにされていないが、米国の映画メディア「THE WRAP」などは上記のセクハラ問題とからめる形で報道、英BBC(ウェブ版)なども言及した。日本でもツイッターなどを通じてこの話題が拡散、

「スターリンを題材とした映画で写真修正とは胸熱ですね!!!」
「題材にふさわしい修正&素晴らしいブラックジョークですね」
「エジョフと同じ目に遭ってますなw」

などと、主に歴史好きから笑いが起きている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中