2018年 8月 21日 (火)

裁量労働制答弁めぐり加藤厚労相が陳謝 衆院予算委

印刷

   加藤勝信厚労相は、2018年2月19日に開かれた衆院予算委員会で、安倍晋三首相が国会答弁の根拠とした、裁量労働制で働く人は一般の労働者よりも労働時間が少ないという厚生労働省のデータが不適切だったと認め、「深くお詫びをします」と述べた。

   厚労省が13年に公表した「労働時間等総合実態調査」は、一般労働者に対しては最長の残業時間を聞く一方で、裁量労働制の労働者に対しては単に1日の労働時間を聞いており、質事項の異なる回答を用いて比較していた。

   これを受け、野党からは加藤厚労相や厚労省の担当者の責任を問う声が上がり、与党への批判を強めた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中