2018年 9月 24日 (月)

羽生結弦特需で陰陽師サントラ爆売れ 数百倍注文に担当者「想定外です」

印刷

   フィギュアスケートの羽生結弦選手が、音楽市場にもインパクトを与えている。

   平昌五輪で使用した楽曲を収録した音楽アルバムが、発売から2年以上経っているにもかかわらず再ヒットを果たしているのだ。発売元レーベルの担当者はJ-CASTニュースの取材に「良い意味で想定外です」と話す。

  • 羽生結弦選手(2014年4月撮影)
    羽生結弦選手(2014年4月撮影)
  • 『オリジナル・サウンドトラック「陰陽師」コンプリート』のジャケット。天野喜孝氏による描き下ろし(提供:ソニー・ミュージックダイレクト)
    『オリジナル・サウンドトラック「陰陽師」コンプリート』のジャケット。天野喜孝氏による描き下ろし(提供:ソニー・ミュージックダイレクト)

「特需ですね」

   羽生選手は2018年2月17日の平昌五輪フリーで圧巻の演技を披露し、五輪2連覇。使用された曲「SEIMEI」も注目を集めた。

   「SEIMEI」は映画「陰陽師」「陰陽師II」の7曲のメドレーで、羽生選手は15~16年シーズンのフリーも同じ曲でプログラムを組んでいる。映画第1作は01年、第2作は03年の公開ながら、羽生選手が使用したことで注目度が急上昇。15年11月25日に両作の劇中曲を2枚組・全50曲でまとめたCD『陰陽師オリジナル・サウンドトラック コンプリート』が発売された。ジャケットはゲーム「ファイナルファンタジー」シリーズなどで知られる天野喜孝氏が描き下ろした妖艶なイラストが配されている。

   このサントラだが、羽生選手が平昌五輪シーズンに再び「SEIMEI」を使用したことで、2年の時を超えて再度注目を集めている。発売元のソニー・ミュージックダイレクト宣伝部の担当者は23日、J-CASTニュースの取材に「特需ですね。まさか五輪の年にもう一度使用されるとは思っていませんでした。良い意味で想定外です。2年前の発売時よりも大きく伸びているのではないかと思います」と話す。

   フィギュアスケーターが1シーズンをまたいで再度同じ曲をプログラムに使用するケースはあまりない。それが五輪シーズンと重なり、66年ぶりの2連覇という偉業を達成したこともあり、凄まじい勢いを見せた。

フリー前まで100ダウンロードだったのが...

   実際、数字に表れている。サントラ収録曲の配信ダウンロード(DL)数は、2月12~16日が計約100DLだったのに対し、フリーが行われた17日から21日にかけては計5000DL超と一気に50倍増。連日1000DLをキープしているという。

「全体の週間DL数でみても、今ヒットしている歌手の中に、1つだけポツンとこの『陰陽師』のサントラが入っているという状況になっています」(前出ソニー・ミュージックダイレクト担当者)

   CDの注文数も、フリー演技前まで週10枚以下だったのが、19・20日だけで約2000枚と数百倍増。品薄状態で追加生産中となっており、27日以降に店頭に並ぶ予定という。さらに、同社公式サイト「OTONANO」へのアクセス数も17・18日に、それまでの約300倍を記録した。

   金メダル獲得後も羽生選手の報道は連日なされている。「陰陽師」フィーバーはどこまで続くのか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中