2019年 1月 18日 (金)

「ゲームはゲームで良いじゃないか」 e-Sportsめぐり、漫画家ブログに反響

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   「ゲームはゲームで良いじゃないか」――。プロによるゲーム対戦を「e-Sports」(eスポーツ)と呼ぶことへの違和感をつづった漫画家のブログが、インターネット上で議論を呼んでいる。

   話題のブログは、ゲームを「スポーツ競技」として捉えようとする動き自体が、逆説的にゲームの地位の低さや「スポーツ」への憧れを表しているのではないか、などと訴えた内容だ。

  • 「e-Sports」呼びめぐり議論(写真はイメージ)
    「e-Sports」呼びめぐり議論(写真はイメージ)

「ゲームがスポーツの下にあると...」

   ここ最近、国際的な地位を急激に高めているeスポーツ。すでに2022年のアジア競技大会の正式種目入りが決まり、24年のパリ五輪での採用も検討中だ。世界トップクラスの大会では、賞金の総額が数億円単位になることも珍しくない。

   日本での普及は遅れているともいわれるが、18年2月1日には統一団体「日本eスポーツ連合」が設立された。そんなeスポーツの盛り上がりに違和感を示したのが、「無邪気の楽園」などの作品で知られる漫画家の雨蘭(うらん)さんだ。

   雨蘭さんは18年2月8日のブログで、「『eスポーツ』という言葉になんだか青い頑張りを感じてしまう」とし、「私はゲームはゲームで良いじゃないかと思う」との持論をつづった。

   ブログでは続けて、「『eスポーツ』を『スポーツ』として普及させたい人によると、対戦ゲームは肉体的、精神的に鍛錬を積んでいるからスポーツのカテゴリーに入るに相応しいとのこと」という意見を紹介し、

「物事を極めるには何んだってそれに見合った技術と肉体と知識と精神が必要になる」(原文ママ)

と反論。こうした主張であれば、将棋や囲碁、音楽や大喜利なども「スポーツに入ってしまう」と訴えた。

   その上で、雨蘭さんは「では音楽がスポーツを主張しないのはなぜか。音楽がスポーツの上でも下でもなく存在しているとプレイヤーが思っているからだろう」として、

「裏を返せば、ゲームがスポーツの下にあると自覚していることになる」

との持論をつづった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中