コロコロ「販売停止」複数の大手書店で チンギス・ハン問題、影響拡大

印刷

   小学館の「月刊コロコロコミック」(2018年3月号)に、モンゴルの英雄チンギス・ハンに対し不適切な描写がある漫画が掲載された問題を受け、複数の書店チェーンが同誌の販売を中止している。

   J-CASTニュースの18年2月28日の取材に、紀伊国屋書店(東京都目黒区)、くまざわ書店(同八王子市)、未来屋書店(千葉市)の3社が「全店で販売を停止している」と話した。

  • 「月刊コロコロコミック」(18年3月号、小学館)
    「月刊コロコロコミック」(18年3月号、小学館)

「不適切な表現が掲載されていたため」

   問題の漫画は「やりすぎ!!!イタズラくん」(作・吉野あすみ)。登場キャラがチンギス・ハンの肖像画を見て名前を答えるシーンで、「モンゴルの皇帝 チ( )・( )ン」の穴埋めに前から「ン」「チ」と書き込み、肖像画の額に男性器の落書きをする描写があった。

   この表現について、駐日モンゴル大使館は2月23日昼にフェイスブック上に抗議文を掲載。小学館は同日中に「ご不快の念を抱かせましたことを、深くお詫び申しあげます」などとするお詫び文を公式サイトのトップページに掲載した。

   こうした動きを受けて、同誌の販売を中止する書店チェーンが出ている。全国に70店舗を展開する紀伊國屋書店の広報担当者は取材に対し、「25日に全店で販売を中止しました」と説明。理由については、

「不適切な表現が掲載されていたため」

と話した。

   イオン傘下の未来屋書店の担当者は「複数のお客様から掲載内容に関する問い合わせがあった」として、25日までに全店から雑誌を撤去することを決めたとした。そのほか、くまざわ書店の担当者は、

「他店の動向も踏まえ、27日から全店で販売を中止している」

と話した。

個々の店舗で撤去も

   また、TSUTAYA(東京都渋谷区)の広報担当者は28日昼の取材に、会社として対応を取っている訳ではないが、「個々の店舗の判断で、すでに撤去を決めたところはある」と話した。

   一方、丸善ジュンク堂(東京都中央区)は、現時点では販売を続けているとした。また、有隣堂(横浜市)の担当者は、

「現時点では特に対応は取っていません。取次、出版社側から何かアクションがあれば対応する予定です」

としていた。

   なお、小学館広報室の担当者は28日昼、コロコロコミック3月号を回収する可能性について、「現在、対応を協議中です」とだけ話した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中