2021年 3月 2日 (火)

カキは「食中毒ガチャ」なのか 加熱しても「2次感染は否定できない」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   カキは基本的に「食中毒ガチャ」です――。大阪市内の料理人を名乗るツイッターユーザーのそんなつぶやきが「リツイート」2万4000件の反響を呼んでいる。

   このツイートが意味するものは何なのか。J-CASTニュースはユーザーに投稿の意図を取材するとともに、カキに詳しい関係者に見解をたずねた。

  • カキはよく「あたる」と言われるが…
    カキはよく「あたる」と言われるが…
  • カキはよく「あたる」と言われるが…

「一定の確率であたる」

   2018年2月、三重県鳥羽市の飲食店で食べ放題の焼きガキなどを食べた旅行客ら36人が下痢や嘔吐などの症状を訴える事件があった。三重県はノロウイルスによる集団食中毒と断定し、同日付で営業禁止処分にしたと発表。いずれも焼きガキやカキご飯、カキフライなどを食べており、原因食品は調査中だという。

   この事件を受けて、大阪市内ホテルで和洋中の幅広いジャンルを手がける料理人「たつ」さんは2月19日、ツイッターで「料理人として一言」と投稿。その上で

「どんなに徹底管理、検査しても、新鮮でも、加熱しても、一切関係なくカキとは常に『一定の確率であたる』食べ物なので食べるときは自己責任で。多少体調にも左右されますが、基本的には食中毒ガチャです」

と持論を展開した。過去には、厳しい衛生管理で知られる給食の現場(社員食堂)で働いていたという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中