2019年 8月 20日 (火)

金正日・正恩が「避難ルート」確保? 不正パスポートが「ブラジル」だった理由

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   北朝鮮・朝鮮労働党の金正恩委員長と父親の故・金正日総書記が1990年代にブラジルのパスポートを不正取得していたことが2018年2月27日、ロイター通信の報道で明らかになった。

   当時の北朝鮮は「苦難の行軍」と呼ばれる大飢饉に襲われており、クーデターに備えて西側諸国に脱出する準備をしていたとみられている。過去に正日の長男、正男氏がドミニカ共和国のパスポートで日本に不正入国したことは知られているが、2人が遠く離れたブラジルのパスポートを選んだのはなぜなのか。

  • 正恩氏はブラジルのパスポートで来日した可能性があるという(写真は労働新聞から)
    正恩氏はブラジルのパスポートで来日した可能性があるという(写真は労働新聞から)

台紙自体は「本物」

   ロイター通信が2018年2月27日に2人のパスポートの写真つきで報じたところによると、パスポートは1996年2月にプラハのブラジル大使館で発行され、正日氏は「Ijong Tchoi」、正恩氏は「Josef Pwag」の名義で、2人ともブラジルのサンパウロで生まれたという記載がある。パスポートの写真は金親子のものであることが顔認証技術で確認されたという。

   パスポートの台紙自体は、ブラジル本国が世界中の大使館や領事館に送った「本物」だとも報じている。そのためなのか、金親子が実際にパスポートを利用した形跡もある。まず、このパスポートを使って少なくとも2か国のビザ申請が行われた。この2か国から実際にビザが発行されたかは明らかではないが、ブラジル、日本、香港に渡った可能性があるという。

   パスポートが発行されたとされる1996年は、北朝鮮は大飢饉で経済的にも厳しい状況だった。このことを念頭に、ロイターでは西側の治安情報筋の話として、

「(金親子が)旅行しようと思っていたということであり、万が一に備えて避難ルートを確保しておこうとしていたことを示している」

と伝えている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中