2018年 9月 22日 (土)

「特攻服を着用した少年は補導します」 福岡の異例チラシ、なぜこんな警告が?

印刷

   「特攻服を着用した少年は補導します」。JR博多駅(福岡市)に張り出された博多警察署の警告がツイッターで拡散されたためネット上で驚きの声が広がった。

   中学生が卒業式後に特攻服を着て博多駅に集結し、大騒ぎをするなどの迷惑行為が横行しているため、こうした注意が行われている。15年には当時15歳の少女が男性駅員への暴行容疑で逮捕される事態になった。2018年は3月9日に中学の卒業式が集中するため、福岡県警は市内の主要施設に警察官約200人の動員を予定し、市の教育委員会も1校から1人以上の教諭を見回りに参加させるのだという。

  • 「@tomozh」さんから提供
    「@tomozh」さんから提供

15年には少女が男性駅員への暴行容疑で逮捕

   話題となったのは、博多駅に張り出されていたというチラシで、大きく書かれた「警告」の文字とともに、

「3月9日(金)博多駅での特攻服着用はできません。特攻服を着用した少年は補導します」

と博多警察署名義で呼びかけている。ツイートは1万回以上拡散され、

「どゆこと?」
「しかも、3月9日だけとか」
「今時いるの?」

などといったリプライが寄せられた。

   ツイッター上にこの博多警察署の警告が拡散したのは18年3月5日からだが、「少年」と「特攻服」の関係にピンと来た人は少なかった。しかし福岡市では一部の中学生にとって卒業式後に特攻服を着て集まるのは「伝統」なのだそうだ。

   西日本新聞(18年3月8日)などによれば、特攻服を着た少年少女が集まるようになったのは10年以上前からで、当初場所は市内の警固公園だったが、改装工事で公園が封鎖されたため12年からJR博多駅前広場に移った。そして15年に少女が集会を解散させようとした駅員を殴り逮捕される事件が起こったため、警戒が厳重になった。17年3月10日は警察官85人、JR社員、教職員らが警戒し警察官が10人を補導した。駅周辺に集まるのはヤバイ、と判断した少年少女は「LINE」を使って警固公園への移動を呼びかけ、中学校OBや私服姿の未成年者を含め200人以上が集まり、公園は一時封鎖された。

   今年は3月9日に卒業式が集中するため、市内の主要施設に約200人の警察の動員を予定しているが、JR博多駅、警固公園での警戒が厳重になることを知っている少年少女は「第三の場所」を探しているのだという。

「参加している中学生に暴走族はいません」と市の教育委員会

   J-CASTニュースが18年3月8日に福岡市教育委員会に取材したところ、各中学校に対し、生徒に集会には参加しないよう指導を強化している、と打ち明けた。集会には市内の生徒だけでなく、他市町村の生徒も参加しているという。集会は1日だけ開かれ、特攻服をなぜ着るのか、なぜ卒業式後に行っているのかは分からないという。特攻服は先輩から後輩に受け継がれることが多いが、新規に購入する生徒もいる。

   一方、西日本新聞に、参加している大半は「暴走族のメンバー」で、中には未成年なのに「喫煙している」ものもいる、「街中で騒いでいる」などと書かれていることについては、

「参加している中学生に暴走族はいません。飲酒喫煙もしておりませんし、騒いでもいません。何が目的で集まっているかについては分かりません」

と担当者は話していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中