2019年 1月 21日 (月)

舛添要一氏「ふさふさ」時代の写真披露 「若い頃は国際的にもてたものです(笑)」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   前東京都知事の舛添要一氏(69)が2018年3月8日、自らのツイッターで「ふさふさ」だった青年時代の写真を公開し、「イケメンやな」などと好評を博している。

「私も、若い頃はこの写真のようにふさふさで、国際的にもてたものです(笑)」
  • 都知事時代の舛添氏(2014年)
    都知事時代の舛添氏(2014年)
  • 「ふさふさ」写真をツイート(舛添氏ツイッターより)
    「ふさふさ」写真をツイート(舛添氏ツイッターより)

でも、すでに生え際が...?

   そんなコメントとともに紹介されたのは、若かりし日の白黒写真だ。芝生に腰を下ろし、レンズに笑顔を向ける舛添氏の頭上には、確かに黒々とした豊かな髪が。

   撮影時期は不明だが、20代当時の舛添氏は東京大学卒業後、フランス、スイスなどで客員研究員を務めるなど、気鋭の国際政治学者として活躍していた。写真のイケメンぶりも合わせて考えれば、「国際的にもてた」というのはあながちジョークでもなさそうだ。

   ツイートには500件近くの「いいね」が付くなど評判だが、一方でリプライ(返信)欄には、

「前兆はあったんだな」
「いやいやいや...前髪伸ばして隠してるけどw」

など、すでに「生え際」が怪しいのでは――との声も。

   ツイートは、インターネットテレビ局・AbemaTVの「News Rap Japan」(毎週土曜・20~21時)への出演にからんで投稿されたものだ。「トランプ大統領の髪型からハゲが話題になり、ラッパーの皆さんからいじめられました」という舛添氏、ツイートの画像以外にも「もっとカッコいい写真」を番組では紹介したとのことで、「乞うご期待」と締めくくった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中