2018年 7月 18日 (水)

立憲民主党ツイッター、Googleから消えた? 検索で表示されず...公式も困惑

印刷

   立憲民主党の公式ツイッターアカウント(@CDP2017)が、Google検索で上位に表示されないという、奇妙な現象が起こっている。

   「立憲民主党」「立憲民主党 ツイッター」「立憲民主党 Twitter」――こうしたキーワードで検索すると、トップか、そうでなくとも1ページ目までに公式アカウントが出てくるのが普通だ。

  • 7日時点のGoogle検索結果。立憲民主党の公式ツイッターは引っかからない
    7日時点のGoogle検索結果。立憲民主党の公式ツイッターは引っかからない

「自民党」などは出てくるが...

   実際、「自民党」で検索すると4番目に、「自民党 ツイッター」「自民党 Twitter」などでは1番目に、公式アカウントである「自民党広報(@jimin_koho)」が表示される。希望の党、民進党、公明党、日本共産党などもほぼ同様だ。

   ところが2018年3月9日午後時点で、たとえば「立憲民主党 ツイッター」で検索すると、1番目にはハッシュタグ「#立憲民主党」を含むツイッター投稿の一覧ページが。以下、非公式キャラ「立憲民主くん」のアカウントが2番目、やはり非公式の「立憲民主党応援アカウント」が3番目と続く。蓮舫参院議員(5番目)、枝野幸男代表(6番目)ら所属議員のアカウントもあるが、肝心の党公式アカウントの名前は見つからない。「立憲民主党 Twitter」でもトップは「立憲民主くん」で、単に「立憲民主党」とした場合ともども、公式アカウントは一向に表示されずじまいだ。

   Googleの検索エンジンを使用するYahoo!検索でも同じ状況だが、マイクロソフトの検索エンジン「bing」ではちゃんと表示される。J-CASTニュースの調べでは、遅くとも3月6日夜の時点から、この現象は続いている。

   立憲民主党の公式ツイッターは2017年10月、党立ち上げとともに開設されるや積極的な情報発信を展開、衆院選での躍進にも一役買った。フォロワー数は約17万8500と、政党アカウントとしては自民(約13万8900)を抑え、「第一党」の地位にある(3月9日時点)。

   そんなアカウントが、なぜ検索で表示されないのか。ITジャーナリストの井上トシユキさんも、「政党のSNS利用が当たり前となった今、異例のことだと思います」と首をかしげる。

党、Googleに取材してみると...

   井上さんは、「Googleは頻繁にアルゴリズムを変更するため、原因は推測するほかありませんが......」としつつ、アカウントによるなんらかの行動が、意図せずGoogle側のレギュレーションに引っかかったのではないか、との見解を示す。

   「たとえば同じURLや文章などを繰り返し投稿すると、bot(自動投稿アカウント)とみなされて検索順位を下げられる、といったことが過去にはありました。悪意あるユーザーからの通報などが影響した可能性もゼロではありません。ただ、最近ではサービス側も慎重な対応を取ることが多いですから......」

   J-CASTニュースが7日、立憲民主党に電話取材したところ、広報担当者はこの時点ではこの現象を確認しておらず、「こちら側としては、検索に表示されないようにするといったことは行っていない」とやや困惑した様子だった。同じ日、党の公式ツイッターから、

「立憲民主党の公式ツイッターが検索にひっかからなくなったようなのですが、どなたかお詳しい方いませんでしょうか?」

と投稿が。フォロワーからはやはり見つからない、といった返信(リプライ)が多かったが、一部からは正常に表示された、との反応もあり、「みなさんリプライありがとうございます。検索で出てくる方と出てこない方がいるみたいです。アルゴリズムが原因かもしれませんね」とやり取りを締めくくっている。

   Googleにも7日、J-CASTニュースはメールで取材を申し入れたが、9日までに回答は得られなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中