2018年 12月 17日 (月)

伊調パワハラ「凄まじさに驚きを隠せませんでした」 告発弁護士、内閣府聞き取りの模様を報告

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   日本レスリング協会の栄和人・強化本部長が五輪4連覇の伊調馨選手にパワハラをしていたと告発があった問題で、告発状を提出した貞友義典弁護士が2018年3月13日、内閣府の聞き取り調査を受けた結果を報告した。

   貞友弁護士は同日夜にメディアなどに対し文書を送付。ともに聞き取りを受けた田南部力氏が訴えたパワハラ実態を聞き、「その凄まじさに驚きを隠せませんでした」とつづっている。

  • 伊調馨選手と栄和人監督
    伊調馨選手と栄和人監督

「私が告発状に書いた内容をはるかに超える練習妨害やパワハラの実態」

   文書によれば、内閣府の公益認定等委員会の調査は12日に始まり、貞友弁護士は、告発状で「A氏」とされた、伊調選手のコーチをしていた田南部氏とともに10~13時に聞き取りを受けた。

   その時の様子について、

「田南部氏は私が告発状に書いた内容をはるかに超える練習妨害やパワハラの実態を具体的に訴えられました。私も同席してその話を聞き、その凄まじさに驚きを隠せませんでした」

とつづられている。また、「そのような練習妨害やパワハラが日常化し、多くの選手が被害を受けるのが常態化していた原因はどこにあるのかについても、田南部氏は具体的に述べられました」といい、さらには「女子の代表選考が恣意的に行われているという実態も具体的に話されています」とも伝えた。栄氏が監督をつとめる至学館大学からは、多くの女子日本代表選手が選出されてきた経緯がある。

   続けて同日14~16時、貞友弁護士は告発状の「B氏」である安達巧氏(バルセロナ五輪代表)とともに聞き取りを受けたという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中