2019年 5月 23日 (木)

居酒屋の「バカな客の典型」 バイト10年芸人の暴露に共感の嵐

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   居酒屋で10年間のアルバイト経験をもつ、お笑いコンビ「ウエストランド」の井口浩之さん(34)がテレビ番組で、「バカなお客さんが多い。自分がバカなお客さんだと気付いてない人が多い」などと熱弁した。

   こんな客は従業員を困らせる――。井口さんが語ったそんな「居酒屋あるある」が、ネットで反響を呼んでいる。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

「自意識過剰の極みです」

   2018年3月10日放送のバラエティー番組「俺の持論」(テレビ朝日系)で、井口さんは「飲食店バイトを必修科目にするべき」と切り出し、「バカなお客さんだと気付いてない人が多い。なぜなら飲食店でバイトをしていないから!」と持論を展開。客のどんな行為が従業員を困らせるかを、実例を出して語り始めた。

   まず第1に挙げたのは、飲み干したグラスを従業員に差し出し「すみません。同じのもう1杯」と注文する客だ。井口さんはこれに「いやいや、全部同じジョッキ使っているから」とツッコミを入れ、「何を飲んでいるか知らないよ。そんなに注目していないから!」と熱弁した。

「自己顕示欲が高くなっているんですよ。バカな客の典型です。自意識過剰の極みです」

   続けて井口さんは、トイレへ行く途中で従業員とすれ違いざまに「オレのとこにビールちょうだい」などと注文する客を例に出し、「これもダメですよ」と指摘した。

   「いやいや、お前の席がどこか知らないから!いちいち覚えていないんですよ!」とバッサリ。その上で「これも皆、自分がどこにいるか店員が把握しているだろう、という勝手な思い込み、自意識過剰なんです」と主張した。

   また、入店時に「4~5人で」と声をかける客に対しては、

「4名席か6名席のどちらに通すか迷うんです。規模によっては6名席が1つしかない場合もあります。そのテーブルを4名で埋めたら、後で6名が来てもお断りするしかない。そうしたら客単価3000円だとしても、6000円のマイナスになるんですよ!」

とまくし立てた。その他に挙げた例としては、従業員にボケることで混乱させる客や、串料理を注文する際に一品ずつアンケートを取る客などがあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中