2019年 1月 16日 (水)

品川駅女子トイレの「異様な光景」 「男性化粧室ではありません」大量貼り紙のワケ

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

男子トイレの入り口が移動したため

   こうした貼り紙だらけのトイレについて、ツイッターやネット掲示板には、

「一体、品川駅のトイレで何が......」
「こんな主張する必要あるってくらい主張が激しい」
「動線が錯覚しやすいのかな?単なる痴漢対策にしては変だ」

といった驚きや疑問の声が出ている。また、それだけ男性が女子トイレに侵入するケースが多いのか、などとして、「過去になんかあったっけ...」と心配の声を漏らすユーザーまで出ていた。

   なぜ、ここまで大量の注意書きを貼り出しているのか。JR東日本東京支社広報課の担当者は16日、J-CASTニュースの取材に対し、

「実は、もともとは同じ場所に男子トイレの入り口があったのですが、それが工事のため別の場所に移動になったのです。そのため、間違って女子トイレに入ってしまう男性が出ることを防止するため、こうした対応を取っています」

と説明した。

   実際、ツイッター上には以前から、工事で男性トイレの入り口が移転したことを受けて、「自分も間違えて入りそうになった」「工事中で女子トイレしかなかった。男子トイレどこ」といった報告も複数寄せられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中