2018年 7月 19日 (木)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち 「もう顔も見たくない」コミュニティの亀裂

印刷

   今回はフロリダ州ダニーデンにある、友人夫婦が住むコミュニティの「トランプ」をめぐる人間模様について書きたい。このコミュニティにはスノーバード(snowbird)と呼ばれる避寒者が多い。米北部やカナダなどの厳しい寒さを避けて、冬の4、5か月間を温暖なフロリダで暮らす。

   前回の記事「大統領支持を公言できない市民の本音」で、友人夫婦の知り合いのクリス(70代)は自宅に私を呼び、それまで溜めていたものを一気に吐き出すように、トランプ大統領を支持する熱い思いを語ってくれた。

  • フロリダのハネムーン・アイランド州立公園などの美しいビーチは、冬場、多くの避寒者でにぎわう
    フロリダのハネムーン・アイランド州立公園などの美しいビーチは、冬場、多くの避寒者でにぎわう

顔色が変わった友人

   クリスの自宅から戻ってくると、友人は待ち構えていたかのように、「で、クリスは一体どんな理由で支持してるんだって?」と私に聞いてきた。

   クリスは用意していたトランプ支持の資料を封筒に入れ、しっかり封をして私にくれた。トランプ氏に強い反感を持つ、その友人に見られないために。

   その友人の家では話したくないと言っていたので、ためらっていると、「どうせ記事に書いたらみんなが知るんだから、いいでしょ」と言う。

「自分で聞いてみたら?」
「友情にひびが入るのは、避けたいのよ」

   クリスがくれた資料に封がしてあると知ると、「誰に見られたくないのかしら。たぶん、自分の妻だわ。彼女はトランプ支持者じゃないはずよ。以前、労働組合に関わっていたらしいし」と言った。

   じつはクリスの妻も、トランプ支持者だった。その妻は「でも、私はプロチョイス(中絶権利擁護派)。そこはトランプとは意見が違うの。妊娠して苦しんだ人を何人も見てきたから」と私に話していた。

   フロリダ滞在の初日、空港からこの友人のタウンハウスに到着するやいなや、彼女は二軒先に住むジェリー(79歳)と立ち話を始め、私を紹介した。

   この「岡田光世『トランプのアメリカ』で暮らす人たち」の連載を書いていると知ると、ジェリーは声をひそめ、「あなた、私の意見はたぶん聞きたくないでしょうね。トランプは素晴らしい大統領だわ」と笑った。極端に民主党寄りのニューヨークから私が来た、と知ったからかもしれない。ジェリーはウエストヴァージニア州、夫のアルはオハイオ州出身だ。

   それを聞いたとたん、友人の顔色が変わった。家に戻ると、彼女は落胆した様子でつぶやいた。

「ジェリーもアルも、とてもいい人なのに。一体どうして、トランプなんか支持できるの?」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中