2018年 10月 16日 (火)

みちょぱ、昭恵夫人見たことないのに「見た」と報道 スポーツ報知に抗議

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   モデルの「みちょぱ」こと池田美優さん(19)が2018年3月18日、一部報道に対し「他の方が発言したやつをあたしの名前でかかないで」「あたし喋ってないです」などとツイッターで抗議した。

   みちょぱさんが指摘したのは、スポーツ報知がウェブ版で公開した「安倍昭恵夫人は『めっちゃパリピ』...みちょぱ、音楽フェスで遭遇していた」という記事。本人の抗議を受けてか、タイトルや本文の記載は18日17時までに修正されている。

  • 「みちょぱ」こと池田美優さん(2016年撮影)
    「みちょぱ」こと池田美優さん(2016年撮影)

「昭恵夫人みたことありません」

   問題の記事は、みちょぱさんが出演した18日午前放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)でのやり取りを伝えたもの。修正前の記事では、みちょぱさんの発言として、

「去年音楽フェスに行ったんですよ。そしたらシャンパン片手にイケメン達と飲んでるノリノリのおばさん軍団がいて、あれ誰?ってきいたら昭恵夫人で。めっちゃパリピじゃん、て思った」

などと記載していた。

   しかし、実際の番組を確認すると、このエピソードを披露したのはみちょぱさんではなく、その隣に座っていたモデルの大石絵理さん(24)だったことが分かる。なお、上述の発言シーンでは、大石さんの名前や経歴を紹介するテロップも画面には出ていた。

   こうした誤りについて、みちょぱさん本人は記事の公開から約30分後に更新したツイッターで、スポーツ報知の名前は出していないが、

「ネットニュースさんたち、、あたしじゃなく他の方が発言したやつをあたしの名前でかかないでください~。よくみてからかいてください~あたし喋ってないですよ~。笑」

と抗議。その上で、「そんなに声が似てたのか?ちゃんとみてたら喋ってる方もうつってたしわかるはずなんだけどなぁ」として、

「音楽フェス、、行きません 昭恵夫人みたことありません、、」

と改めて報道の内容を訂正していた。

記事は修正されたが...

   問題の記事は18日17時までに修正されており、タイトルや見出しに記載されていたみちょぱさんの名前は、すべて大石さんの名前に差し替えられている。ただ、スポーツ報知側は18日17時時点では、こうした修正を行った旨を公式サイト上で伝えてはいない。

   なお、報道の誤りを指摘したみちょぱさんのツイートには、「ありえないですよ」「危うくみちょぱさんの発言だと思うところでした」「見てたらわかるよね?」といった呆れ気味のリプライ(返信)が寄せられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...