2019年 10月 18日 (金)

「メディアによるパワハラ」「パワハラのビジネス」 谷岡学長主張に安藤優子氏「ついて行けない」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   レスリングのパワハラ問題への反論会見で注目を集めた谷岡郁子・至学館大学長が、大学の卒業式で騒動に言及、メディア批判ともとれる発言も行った。

   発言内容はテレビの情報番組でも紹介され、メディア批判などに対し、出演者の中には「ズレてる」「ついていけない」といった反発を口にする人もいた。

  • 谷岡郁子氏(2012年撮影)
    谷岡郁子氏(2012年撮影)

「伊調馨さんは選手なんですか?」が物議

   谷岡学長は2018年3月15日に「反論会見」を行い、「(告発内容は)訳の分からない風評被害」「伊調馨さんは選手なんですか?」といった発言が物議を醸していた。17日には、愛知県大府市の至学館大であった卒業式の式辞で、パワハラ騒動を持ち出し、15日会見への反発が寄せられていることにも触れた。

   発言内容は、日刊スポーツ(17日、ネット版)や19日放送の「羽鳥慎一 モーニングショー」(テレビ朝日系)、「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ系)などが報じた。

   谷岡学長は式辞で、15日の反論会見について、学生や学校を守る姿勢を伝えたくて開いたと説明し、その反響については

「たくさんの抗議の電話が入っていて、この年度末の忙しい時に職員たちは大変です」

として、1000本近くの電話が入っていると明かした。SNSやメールでの反応も寄せられており、

「すごい怖い学長だね」
「すごい独裁者ではないの?」
「あなたの言っていることは100%パワハラだ」

といった内容があった。しかし、そうした反応があることも、

「でも分かってて、言いました」

とのことで、大学のレスリング部の学生らに「ひどい言葉」が投げかけられるのならば、学長である自身が矢面に立とう、という思いがあったとも説明した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中