2018年 11月 17日 (土)

中田翔、10年ぶりに電車に乗る 「楽しかった」「たぶん、もう乗らんけど」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   プロ野球・日本ハムの中田翔選手(28)が2018年3月19日、「10年ぶりに電車乗りました」とインスタグラムで報告した。

   中田選手は2007年のドラフトで北海道を本拠地とする日ハムに入団。なんと、それ以降は在来線に乗る機会が全くなかったというのだ。投稿には、どこか誇らしげな表情で切符を掲げる中田選手の写真も掲載されている。

  • 「10年ぶり」の電車にご満悦?(画像は中田選手のInstagramより)
    「10年ぶり」の電車にご満悦?(画像は中田選手のInstagramより)
  • 電車の中でもウキウキ?(画像は中田選手のInstagramより)
    電車の中でもウキウキ?(画像は中田選手のInstagramより)

「中田レベルだと10年も電車に乗らないのか」

   中田選手は翌20日の巨人戦のため東京入り。投稿によれば、巨人の本拠地・東京ドーム(文京区)近くにある水道橋駅からJR総武線に乗ったそうで、

「今日は、休みやったんで10年ぶりに電車乗りました そっから、原宿行ってから昼飯! 電車楽しかった!笑!」

と、久しぶりの電車移動を楽しんだ様子で伝えた。

   この投稿には、駅のホーム上でどこか誇らしげに切符を掲げる中田選手の写真が。そのほか、前のめりになって運転席からの風景を覗く中田選手の姿を映した写真もアップされている。

   こうした投稿について、ツイッターやインスタグラムのコメント欄には、

「翔さん電車乗ったんですか...!」
「中田レベルだと10年も電車に乗らないのか」
「電車乗ってて、いきなり翔さんが乗車してきたら夢かと思います」
「電車10年ぶりとは...!!楽しめたならよかったです」

といった驚きの声が相次いで寄せられている。

   なお、今回の投稿の終わりに中田選手は、「たぶん、もう乗らんけど」との一言も添えていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中