トランプ大統領がマクマスター補佐官を解任 後任には「タカ派」元国連大使

印刷

   米国のトランプ大統領は2018年3月22日(現地時間、日本時間23日)、マクマスター国家安全保障担当大統領補佐官を近く解任するとツイッターで発表し、氏の功績へ感謝の言葉をつづった。後任にはタカ派と目されるジョン・ボルトン元国連大使が4月9日に就くことも合わせて明らかにした。マクマスター氏は17年2月に辞任したマイケル・フリン前補佐官の後任。トランプ氏とは外交方針をめぐる対立が指摘されていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中