2018年 10月 19日 (金)

ワンセグ携帯もNHK受信料の対象、東京高裁 22日の同様判決に続き3件目

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   テレビを視聴できるワンセグ機能付き携帯電話の所有者が、NHKと受信契約を結ぶ義務があるかどうかが争われた訴訟で、東京高裁(深見敏正裁判長)は2018年3月26日、契約を結ぶ義務があると判断し、義務がないとした一審・さいたま地裁判決を取り消した。複数のメディアが報じた。

   放送法は「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない」と規定している。原告側は「設置」の意味をめぐり、ワンセグ携帯は「設置」するものでないと主張。判決は、一定の場所に設け置くことに限らないと指摘した。

   同様の訴訟は5件あり、一審でNHKが敗訴したのは1件のみ。22日にあった2件の東京高裁判決ではNHKが勝訴していた。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...