2018年 6月 22日 (金)

ワンセグ携帯もNHK受信料の対象、東京高裁 22日の同様判決に続き3件目

印刷

   テレビを視聴できるワンセグ機能付き携帯電話の所有者が、NHKと受信契約を結ぶ義務があるかどうかが争われた訴訟で、東京高裁(深見敏正裁判長)は2018年3月26日、契約を結ぶ義務があると判断し、義務がないとした一審・さいたま地裁判決を取り消した。複数のメディアが報じた。

   放送法は「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない」と規定している。原告側は「設置」の意味をめぐり、ワンセグ携帯は「設置」するものでないと主張。判決は、一定の場所に設け置くことに限らないと指摘した。

   同様の訴訟は5件あり、一審でNHKが敗訴したのは1件のみ。22日にあった2件の東京高裁判決ではNHKが勝訴していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中