NHK「今後は『改ざん』と表現します」 森友問題で「書き換え」から転換

印刷

   NHKも「書き換え」から「改ざん」へ――学校法人「森友学園」に関する財務省決裁文書の内容の一部が変更された問題で、NHKが表現を変えることを明らかにした。

   新聞の大手紙の多くは、既に「改ざん(竄)」との表現を使っていた。

  • 財務省文書の「改ざん」問題の行方
    財務省文書の「改ざん」問題の行方

朝7時のニュースでは「書き換え」だった

   NHKは2018年3月27日正午のトップニュースで、改ざん当時の財務省理財局長だった佐川宣寿・前国税庁長官の参院予算委員会での証人喚問の模様を伝えた。この際、画面に映った文字表記では「『森友』文書改ざん」となっており、高井正智アナウンサーも「森友文書改ざん問題をめぐり~」と切り出した。

   その後、予算委でのやりとりを放送した後、高井アナが

「NHKではこれまで、決裁文書の『書き換え』と表現してきましたが...」

と説明を始め、この日の佐川氏の証言(「書き換え」が理財局内で行われた、との認識を示す)などを受け、

「今後は、『書き換え』ではなく、『改ざん』と表現することにします」

と宣言した。

   実際、同じ27日の朝7時のNHKニュース(おはよう日本)では、文字表記でも和久田麻由子アナが読み上げる表現でも、「書き換え」になっていた。

読売新聞も27日付朝刊は「改ざん」へ

   新聞大手紙の表現は、27日付朝刊(東京最終版、以下同)を見ると、朝日、毎日、日経、読売は「改ざん」、産経は「改竄」となっている。財務省による、12日の「書き換え」公表のあと、13日付朝刊段階では、朝日と毎日が「改ざん」、読売と産経は「書き換え」だった。その後、産経が14日朝刊から「改竄」に変更。読売は、佐川氏喚問前日の26日付朝刊段階では、「書き換え真相迫れるか」(3面・総合面)など、「書き換え」を使っていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中