2020年 1月 19日 (日)

貴乃花、2時間の年寄総会で「袋叩き」か 相撲記者・銅谷氏「泣いたかもしれない」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

「他の親方から見ると非常に腹立たしい」

   原因は年寄総会か。銅谷氏は「内容は明らかになっていませんが、かなり厳しい内容の発言があったと聞いています」と話す。

「勤務の仕方とか、許可を得ずに某テレビ局に出てしまったとか、そういうことが他の親方から見ると非常に腹立たしい。『協会員としてやるべきではない』『自分たちがやったらどうなるんだ』という怒りが沸騰したと思いますよ」

   批判が出るのは「当然でしょう」とし、「一般の年寄は(貴乃花親方の問題を)報道で知るしかなかった。それを協会の中で自ら質問して聞くことで、ある程度収まった親方もいると思います」と推測。そんな不平・不満が年寄総会で一気に噴出した模様だという。なお「貴乃花一門からは、『解雇だけはやめてくれ』という嘆願書が出たと聞いています」とも伝えていた。

   1階級降格が決まった貴乃花親方だが、「(他の親方からしたら)軽い」と評価し、銅谷氏によれば「『解雇にしたら』とか、いろんな意見が出たと伺っています」と紛糾した模様。「明日の理事会で加味するのではないでしょうか。審判部に所属するけど、1場所出場停止にするとか。そうじゃないとバランスとれないですよ」と正式に処分が決まる29日の理事会について予測している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中