2018年 7月 20日 (金)

北朝鮮、このタイミングで「森友」あげつらう 安倍政権は「退陣直前」と論評

印刷

   北朝鮮・朝鮮労働党の金正恩委員長が電撃訪中で南北・米朝首脳会談の地ならしを進める中、党機関紙の労働新聞は日本に批判的な論調を展開している。

   北朝鮮が日本について「ありもしない脅威を煽っている」などと非難するのはこれまでどおりだが、今回は森友学園をめぐる「超大型不正スキャンダル事件」で、安倍政権が「退陣直前の状況」だと指摘。森友問題から国民の目をそらして政権の危機を脱するために拉致問題を持ち出していると、新たな主張を展開している。対決姿勢を続ければ「永遠に平壌の敷居をまたげなくなる」と、思わせぶりだ。

  • 北朝鮮は森友学園をめぐる問題でも揺さぶりをかけている(写真は労働新聞から)
    北朝鮮は森友学園をめぐる問題でも揺さぶりをかけている(写真は労働新聞から)

労働新聞に署名論評記事

   安倍首相を非難する論評記事は、2018年3月29日付の労働新聞に、「ラ・ソルハ」なる人物の署名入りで掲載された。記事では、日本政府が米国や韓国に対して、北朝鮮との首脳会談で拉致問題を取り上げるように求めていることを

「他人に食い下がって自分の利をむさぼるのに長けている日本の反動層ならではの意地悪な妄動」

などと非難。その上で、

「日本の反動層はありもしない私たちの『脅威』を粘り強く世論化し、それをあからさまに彼らの侵略の野望を実現しようと狂ったように暴れている」

などと恒例とも言える主張を展開。

「安倍一味が反共和国(編注:北朝鮮)対決にしがみついているのには別の理由がある」

として、森友学園の問題を持ち出した。

「最近安倍は森友学園の問題をはじめとする超大型不正スキャンダル事件で再び行き詰まり、文字通り退陣直前の状況に置かれている」

として、「日本各階層の人民」が各地で

「嘘つき内閣は政治をする資格がない」
「アベ政治を許さない」
「退陣せよ」

といったスローガンを掲げながら「反政府闘争をくり広げている」と、安倍政権に批判が集まっていることを紹介。こういった状況を受け、

「安倍一味は、彼らに集まる怒りのまなざしをそらして政権の危機を免れるために」 「拉致問題」や「最大の圧力」

を持ち出していると主張した。

「平壌の敷居」が意味するところは...?

   記事は、

「安倍ギャングたちこそ、彼らの政治的野心を実現するためなら、どんな不純な妄動もはばからない邪悪な連中だ」

と主張し、

「大勢に逆行して対決に狂奔する者は、永遠に平壌の敷居をまたげなくなるであろう」

という文章で締めくくられている。

   「平壌の敷居」が何を意味するかは必ずしも明らかではないが、朝日新聞は3月29日付朝刊で、

「北朝鮮関係筋によると、金正恩政権が最近、朝鮮労働党幹部らに『6月初めにも日朝首脳会談の開催がありうる』との説明を始めた」

と報じている。この朝日新聞の報道によると、日本政府が在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)を通じて首脳会談開催の意思を北朝鮮側に打診しているといい、「平壌の敷居=日朝首脳会談に向けたハードル」と読むこともできそうだ。菅義偉官房長官は3月29日午前の記者会見で、この朝日新聞報道について

「詳細についてはお答えを差し控えたい」

と述べるにとどめている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中