RIZAP、サンケイリビング新聞社を買収 フリーペーパー事業の強化へ

印刷

   スポーツジムを展開するRIZAPグループは2018年3月29日、フリーペーパーを発行するサンケイリビング新聞社を子会社化すると発表した。フジ・メディア・ホールディングスが100%保有するサンケイリビング株のうち、80%を取得する。

   サンケイリビングは、女性向けの「リビング新聞」や母親向け「ぎゅって」など複数のフリーペーパーを発行している。RIZAPグループの「ぱど」などメディア事業と連携することで、自社商品・サービスの広告展開の拡大を見込む。

   また、サンケイリビングが持つ約4万人の女性読者を取り込むことで、RIZAPグループの女性向け商品の開発および販促の強化も狙う。

   そのほか、サンケイリビングの強みである自治体・法人との取引実績を活かし、基幹事業であるスポーツジムの利用者増加も視野に入れる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中