2018年 9月 26日 (水)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち 「国民すべてをキリスト教徒に」と願う声

印刷
「アメリカは建国当時のキリスト教国家に立ち戻らなければ。宗教があって、この国は生まれたのですから。公立校での祈りも禁止されて。国旗に対する忠誠も脅かされて。私たちからさまざまな権利が奪われていったの。宗教が置き去りにされた結果が、今のこの現実なんです」

   キリスト教の宗教音楽が静かに流れる自宅のリビングルームで、ジェリー(79)はそう語った。2018年2月のフロリダでのことだ。

  • 2017年の復活祭の日。ニューヨーク市マンハッタンの五番街の教会前に大きな十字架が掲げられ、道行く人々に配られる生花が飾ってあった
    2017年の復活祭の日。ニューヨーク市マンハッタンの五番街の教会前に大きな十字架が掲げられ、道行く人々に配られる生花が飾ってあった

聖書に書かれていることが絶対

   ジェリーはトランプ大統領を強く支持しており、この連載の前回の記事「キリスト教国家の大統領」で、「人工妊娠中絶や同性愛には反対。トランプ大統領は自分の価値観に近いんです」とも言っていた。

   ジェリーは夫のアル(80)とふたりでオハイオ州に住み、寒さの厳しい冬の間だけフロリダ州ダニーデンで暮らしている。ウエストバージニア州出身で、幼い頃から南部バプティスト派の教会に通っていたという。米国のプロテスタント系キリスト教の最大教派だ。保守・キリスト教右派的なキリスト教根本主義の傾向が強く、聖書に書かれていることが絶対であるとする人も多い。アルも、3人の子供たちも皆、トランプ氏の支持者だという。

   ジェリーと話していると、夫のアルが笑顔で裏口からリビングルームにやってきた。

「ハーイ、ミッツィ(私のアメリカのニックネーム)。君がいるとは知らなかったよ。サプライズだ」

   アルもジェリーと同じように、話し方も表情もとても穏やかで優しい。

   アルがオハイオ州出身というので、私が同州のオハイオ・ウェスリィアン大学に一年間、留学したことがあると話した。

   「ああ、いい大学だね」とアルが言うと、ジェリーが不思議そうに私に聞いた。

「それって、キリスト教の大学、でしょう?」
「そう。私が日本で通っていたキリスト教系の大学の協定校です。で、私もクリスチャンなんです」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中