2018年 9月 21日 (金)

「役目を終えた」電撃姫ネット版も閉鎖 美少女ゲーム誌として一時代築く

印刷

   「情報サイトとしての役目を終えたと認識し、ここにサイトの終了を決めた次第です」――J-CASTニュース編集部の取材にこう答えたのは、美少女ゲーム情報サイト「電撃姫.com」の担当者だ。

   メディアワークス(現・KADOKAWA)の雑誌「電撃姫」の流れを汲むサイトとして運営が続けられていた「電撃姫.com」が、2018年4月2日閉鎖される。利用者、そして往年の愛読者たちからは、その終了を惜しむ声が相次いでいる。

  • サイトに掲載された「閉鎖」のお知らせ
    サイトに掲載された「閉鎖」のお知らせ

雑誌として2001~14年にかけ刊行

   「電撃姫」は1997年、ゲーム誌「電撃王」の増刊として誕生、2001年に正式に独立雑誌として創刊された。「電撃」の名前を冠したメディアワークスの出版物群の中でも、主に美少女ゲームの話題を取り扱い、複数刊行されていた競合他誌としのぎを削って、ともに一時代を築いた。

   しかし2014年、インターネットメディアの隆盛により「歴史的使命を終えた」として休刊、以後は「電撃姫.com」としてネット上で情報発信を行ってきた。

   いったいなぜ「閉鎖」にいたったのか。運営会社「キャラアニ」の担当者は以下のように説明する。

「運営開始当初は、ユーザーはPC・家庭用ゲーム機共にソフトを購入して遊ぶスタイルが主流でしたが、この3年でユーザーの購入スタイルが大きく変化し、現在ではダウンロード購入や無料ゲームに課金をするものが主流になっています。そのため『電撃姫.com』などの情報サイトでゲームの新情報を知るという流れから、総合ダウンロード販売サイトやアプリのダウンロードサイトから直接情報を入手するという形に変わってきました」

   ダウンロード販売の普及。課金モデル型ゲームの隆盛。担当者も言うように、ゲームをめぐる環境は大きく変化しつつある。雑誌からネットへと主戦場を移した「電撃姫」だが、さらなる時代の動きが、「閉鎖」を決断させた。

「"さまざまなゲームメーカーの最新ゲーム情報を読者にお届けする"という情報サイトとしての役目を終えたと認識し、ここにサイトの終了を決めた次第です」(担当者)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中