2018年 7月 24日 (火)

「稲田大臣の責任にして、しっかり仕事を」 日報問題、小野寺防衛相に野党「助け舟」?

印刷

   一度は国会答弁で「見つけることができなかった」と断言していた陸上自衛隊のイラク派遣時の活動報告(日報)が、実は存在していたことが2018年4月2日に明らかになった。

   野党側は当時の稲田朋美防衛相が虚偽答弁をしたり、防衛省が日報を隠蔽したりしたとの見方を強めているが、小野寺五典防衛相は「限られた時間の時間の中で探索が行われた」などと、稲田氏をかばうともとれる説明を続けている。そんな状況に、野党からは「過去の責任は稲田大臣の責任にして、しっかり仕事していただきたい」と、小野寺氏にとっては「助け舟」のような声もあがっている。

  • 野党合同ヒアリングでは小野寺防衛相への報告が遅れた理由を質す声が相次いだ。発言しているのが後藤祐一衆院議員
    野党合同ヒアリングでは小野寺防衛相への報告が遅れた理由を質す声が相次いだ。発言しているのが後藤祐一衆院議員

「確認をいたしましたが、見つけることはできませんでした」

   存在が確認された「日報」は、04~06年の陸自のイラク派遣期間中に作成された述べ376日分。ページ数にすると約1万4000ページに及ぶ。民進党(当時、現・希望の党)の後藤祐一衆院議員は2017年2月20日の衆院予算委員会で

「イラクの派遣のときの日報が残っているかどうか」

について確認を求めたところ、稲田氏は

「お尋ねのイラク特措法に基づく活動の日報については、南スーダンPKOと同様の現地情勢や自衛隊の活動内容を記録した現地部隊の日報については、確認をいたしましたが、見つけることはできませんでした」

と断言していた。それが1年以上経って一転した。

   防衛省の説明によると、稲田氏の辞任の引き金になった南スーダンPKO日報問題の再発防止策の一環として、17年夏以降に「陸上自衛隊のすべての部隊等が保有する文書を丹念に確認してきた結果」として、イラクの「日報」の一部が陸上幕僚監部衛生部と研究本部で保管されていることが分かったという。それぞれの部署で1月31日、1月12日に文書が確認されたが、取りまとめや内容の精査に時間がかかり、小野寺氏に報告が上がったのは3月31日のことだった。

   小野寺氏は、4月3日の記者会見で、ここまで時間がかかった経緯について

「この事案に関して調査をする中で、どのような経緯であったかを確認していきたい」

とする一方で、17年に稲田氏が「見つけられなかった」と答弁したこととの整合性については

「今回のイラクの『日報』の一部が確認された陸自研究本部では、昨年2月から3月にかけて、限られた時間の中で探索が行われたが、イラクの『日報』の保有は確認されなかった」

などと述べるにとどめた。

「稲田大臣の答弁が間違っていた」「虚偽答弁でした」と、はっきり言えばいい

   この問題を17年2月に指摘していた後藤氏は、18年4月3日の野党合同ヒアリングで、まずは「日報」が見つかった研究本部の共有フォルダから優先的に探し、調査を加速させるように求めた。その上で、後藤氏は報道陣に対して


「小野寺大臣は、新しい大臣になったのですから、過去の責任は稲田大臣の責任にして、しっかり仕事していただきたいんですよ。『稲田大臣の答弁が間違っていた』『虚偽答弁でした』『不十分な確認でした』と、はっきり言えばいいんですよ。にもかかわらず、『調査が不十分だったから、あんな答弁になっちゃったんだろう』とかばったら、今度は小野寺大臣の責任になってくる」

と話し、早期に稲田氏の虚偽答弁を認めるなどして日報問題の解決にメドをつけ、北朝鮮問題などへの対応を急ぐように求めた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中