J-CASTニュースランキング 3月は「レスリング」か「改ざん」かそれとも...

印刷

   J-CASTニュースの人気記事から、2018年3月の話題を振りかえる。

   2017年度最後のひと月、メディアを騒がす大きな事件が相次いだが、J-CAST読者を、最も惹きつけたのは――。

  • 3月に最も注目を集めたのは…
    3月に最も注目を集めたのは…
  • 「社会」系の記事のランキング
    「社会」系の記事のランキング
  • 「エンタメ」系の記事のランキング
    「エンタメ」系の記事のランキング

「パワハラ」と「学長」に騒然

   「社会」系の記事で最も読まれたのは、「伊調パワハラの圧力は「あったでしょう」 スポーツジャーナリストが即答した根拠」(2日)。

   レスリング界ににわかに勃発した「パワハラ」問題。この記事以外にも、4位に「谷岡郁子・至学館大学長のド迫力会見 「伊調馨さんは選手なんですか?」」がランクインするなど、J-CAST上でも非常に注目を集めた。

   続いたのが、「「池の水ぜんぶ抜く」ロケで在来魚が「大量死」 「専門家がいない」現場を参加者告発」(14日)。テレビ東京の人気番組「池の水ぜんぶ抜く」の現場で起こったトラブルの全貌を、参加者取材からいち早く浮き彫りにした。約2週間後、テレ東は定例会見でこの件を取り上げ、「反省」を表明する事態となっている。

   3位は「「森友書き換え」問題、財務省が消したかったこと 「それは2つ」片山善博氏が指摘」(11日)。また5位には、日本初ともいわれる「ドタキャン」裁判の傍聴記事「飲食店「ドタキャン」裁判を傍聴 わずか1分で店側勝訴、弁護士が明かした対策」(9日)がランクインした。

   政界を揺るがせた「改ざん」事件、メディアを騒がせた「パワハラ」はもちろん、「人気番組」の裏側、さらには身近な「ドタキャン」まで、幅広い話題が盛り上がった1か月だったといえる。

西川史子、板野友美の「変化」が波紋

   「エンタメ」系の記事では、「西川史子「激やせ」に視聴者驚きの声 前週とまるで印象が異なり「一瞬誰かわかんなかった」」(12日)がトップに。「板野友美 AKBデビュー前の14歳写真に絶賛と違和感「本当の美少女」「顔が違う!!」」(26日)がこれに続く。ともに、女性有名人の「変化」が注目された格好だ。

   3位は「「吉永小百合かわいすぎる」「今のアイドルより...」 15歳当時の「美少女」ぶりにSNS騒然」(7日)、4位に「佐々木希、冷凍食品で「1人お家ご飯の日」にコメント殺到 「渡部帰ってやれや」「児島最低だな」」(13日)。5位は「りゅうちぇるヒゲ伸ばしたら...まるで別人! ワイルド風貌に「濃ゆっ!」「森田剛かと思った」」(25日)だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中