2018年 11月 13日 (火)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち 大統領支持者の教会に行ってみた

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   15分ほど車を走らせ、フロリダ州クリアーウォーターにある教会に着いた。ここは美しい白砂のビーチがあり、観光地としても知られる。

   この連載の前回の記事「『国民すべてをキリスト教徒に』と願う声」で、トランプ支持者のジェリー(79)と夫のアル(80)は私がクリスチャンと知ると、驚くほど喜び、彼らの教会に私を誘った。2018年2月のことだ。

  • カルバリー・チャーチのホームページ
    カルバリー・チャーチのホームページ

ロックコンサート会場のような礼拝堂

   モダンな建物の中に入ると、巨大な映画館か、野球のスタジアムのようだ。広々としたロビーにレセプションがあり、カフェも設置されている。礼拝堂はまるでロックコンサートの会場だ。椅子も木のベンチと違って、座り心地がいい。中央に大きなテレビカメラが設置され、礼拝の様子はオンラインで見ることができる。

   ステージでは色鮮やかな照明の下、ベースやドラム、キーボードなどのロックバンドが、素晴らしい音響でノリのよい演奏を繰り広げている。カジュアルな格好の男女5人が、マイクを手に、ギターを肩からかけて立ち、後ろにはコーラスの男女が並び、バンドの演奏に合わせて歌っている。

   ニューヨーク市で保守派キリスト教徒の友人が、日曜日の朝には欠かさずテレビで礼拝の様子を見ているメガチャーチのひとつだった。メガチャーチとは礼拝に2千人以上が参列する巨大教会で、その大半が福音派だ。

   このカルバリー・チャーチは1866年に設立された。元々は町の小さな教会だったが、今や信者6千人のメガチャーチへと成長した。米国のプロテスタント系キリスト教の最大教派であるバプティスト派の教会だ。聖書原典の内容を完全に正しいものと解釈する人も多く、保守・キリスト教右派的なキリスト教根本主義の傾向が強いとされる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

20181031_kaidan2.png
【プレゼント企画実施中】秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中