槙野智章、ハリル監督に「たくさんムカつきました。でも...」 インスタで「心から感謝」

印刷

   サッカー日本代表の監督を務めていたハリルホジッチ監督の「電撃解任」を受け、監督のもとでプレーしたサッカー日本代表の槙野智章選手(30)が2018年4月10日、インスタグラムで監督への感謝の思いを明かした。

   ワールドカップ(W杯)ロシア大会が6月に迫ったタイミングということもあり、日本サッカー界に激震が走っている。

  • 解任されたバヒド・ハリルホジッチ監督(2016年8月撮影)
    解任されたバヒド・ハリルホジッチ監督(2016年8月撮影)
  • 槙野智章選手が明かしたハリルホジッチ監督への感謝(画像は槙野智章選手のインスタグラムより)
    槙野智章選手が明かしたハリルホジッチ監督への感謝(画像は槙野智章選手のインスタグラムより)

「心から感謝しています」

「彼からは、たくさんの事を学びました。たくさん話しました。たくさん怒られました。たくさん褒められました。たくさん笑いました。たくさんムカつきました。でも、彼のおかげでたくさん成長出来ました。今の僕がいるのは紛れもなく、日本代表として、ハリルJAPANとして、あなたからのご指導があったからです。心から感謝しています」

   実際、槙野選手は、過去にテレビ番組でハリル監督への不満を漏らしていた。2016年8月15日放送されたトークバラエティー番組「スポーツジャングル」(フジテレビ系)に出演し、当時日本代表だった柏木陽介選手(30)とハリルジャパンの裏話をぶっちゃけて、スタジオを盛り上げた。

個別ミーティングで落ち込んだことも

   2人はハリル監督が食事中のコミュニケーションや、ミーティング、対戦相手のビデオチェックを重視していたことを話した。ミーティングは毎日で、1回がだいたい1時間、1日に3回行うこともあった。槙野選手は、中でも個別のミーティングでひどく落ち込んだという。

「1か月前のプレーでこれはいいって言われたのに、1か月後のミーティングでダメって言われるんですよ。何が正解だよ?って」

   槙野選手にとっては、対戦相手のビデオチェックも苦痛だった。

「対戦相手のビデオを観るのが苦痛といったら苦痛で。スタジアムから引いた映像なので、(相手選手が)豆粒みたいにしか映っていない。それを40分から1時間ずっと暗い部屋で観るんで...」

   また、ハリル監督は選手の取材対応にも口を出し、「無駄なことは一切話すな」と言われていたと槙野選手は話した。これに対しても不満がこぼれた。

「絶対よくないですよ!僕たちは視聴されてなんぼだし、スポーツを通してたくさんの人に知ってもらいたいし、名前と顔を覚えてもらいたい。やっぱりメディアをうまく使いたいと。そういう場を選手に妨げるなっていうことですよ!」

   こうした「たくさんムカつきました」経験を越えて、「たくさん成長出来ました」「心から感謝しています」とつづった槙野選手。

   ファンらからは「ハリルホジッチ監督の分まで皆で頑張りましょう」「残念だけど切り替えて新しい監督の下W杯頑張ってください!」などといったエールが寄せられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中