「職業......地方公務員、警察官であります」 19歳巡査同僚射殺、警務部長震え声の会見

印刷

   「被疑少年を、逮捕」――事件から一夜明けて2018年4月12日、会見場に立つ滋賀県警の武田一志警務部長の顔は、さすがに凄絶だった。

   11日夜、彦根市の滋賀県警彦根署河瀬駅前交番で、19歳の男性巡査が同僚を拳銃で撃ち、死亡させた前代未聞の事件。巡査はパトカーで現場から逃亡、12日未明に隣町の愛荘町で逮捕された。

  • 滋賀県警公式サイト
    滋賀県警公式サイト

1分間にわたり頭を下げ続ける

   12日朝、滋賀県警では武田警務部長が記者会見を行い、その様子は複数のニュース番組でも放映された。

「職業......(やや沈黙)。地方公務員、警察官であります」

   「警察官であります」の一言は特に弱々しく、報道陣のシャッター音に、語尾は半ばかき消される。

「被疑少年は、平成30年4月11日午後7時47分ごろ、彦根警察署河瀬駅前交番において同署地域課巡査部長、井本光41歳――男性であります――に対して、拳銃を使用し、頭部貫通などによる外傷性頭蓋内損傷により、殺害したもの」

   短く言葉を切りながら事件の経過を説明したのち、武田警務部長は、

「本県警察官が、貸与された拳銃を使用して、殺人事件を起こしたことは、きわめて遺憾であり、ご遺族、県民の皆様に、深くお詫び申し上げます。......当該職員につきましては、捜査状況を踏まえ、厳正に対処いたします」

と声を震わせながら述べ、深々と頭を下げた。「貸与された拳銃を使用して」の言葉は絞り出すように響き、報道によれば1分間にわたり、頭を下げ続けていたという。ニュース番組のVTRでは、その姿勢のまま身じろぎもしない武田警務部長の呼吸音をマイクが拾ったのか、苦しそうな息の音が会場に聞こえたことが確認できる。

「罵倒」されたために撃った、などと供述

   会見の様子がNHKなどで放映されたこともあり、その姿は視聴者からも「犯人の職業を言葉にするのがつらそうだった...」などと反響を呼んだ。ツイッターで多くつぶやかれた言葉を集計するYahoo!リアルタイム検索のランキングでも、12日12時現在、「警務部長」という言葉が4位にランクインしている。

   栗生俊一・警察庁長官も12日、会見で事件について謝罪した。会見によれば、警察官が貸与された拳銃で、同僚警察官を殺害した例は「過去にありません」という。

   報道によれば、巡査は容疑を認め、先輩である井本巡査部長から「罵倒」されたために撃った、などと話している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中