「漫○村を燃やします」 「漫画村騒動」を「事前予告」した謎のバーチャルYouTuberに関係を聞いた

印刷

   インターネット上で漫画や雑誌などを無料で読める海賊版サイトの「漫画村」をめぐり、2018年4月11日から原因不明のアクセス不能状態が続いている。

   実はその前日、ある「人物」が「漫画村騒動」との関わりを疑わせる行動を取っていた。「ディープウェブ・アンダーグラウンド」なる新人バーチャルYouTuber(VTuber)だ。YouTuberに公開した動画で、「漫○村を燃やします」と宣言したのだ。

   偶然にしてはタイミングが良すぎる――。ネットではそんな声も広がったが、実際はどうなのか。J-CASTニュース編集部では、このVTuberに話を聞いた。

  • ディープウェブ・アンダーグラウンドが公開した動画(画像はスクリーンショット)
    ディープウェブ・アンダーグラウンドが公開した動画(画像はスクリーンショット)

「漫画村潰し成功ですわね」

   ディープウェブ・アンダーグラウンド(DWU)は2018年4月10日、自身のツイッターアカウントを開設。「【自己紹介】ディープウェブ・アンダーグラウンドですわ!」と題するYouTube動画を公開し、ツイッターでは、通常の検索エンジンが収集できない情報「深層Web」(ディープWeb)から「やってきた」と自己紹介した。

   DWUは動画の中で「今やバーチャルユーチューバーも1000人を超える勢い。これにはディープWebの連中たちも黙っておれず、こうして私が仕方なく表へ出る運びに」と説明。その上で「最強のバーチャルユーチューバーとは何か?(略)第1回 はじめまして ディープウェブ・アンダーグラウンドですわ 漫○村を燃やします 近日公開いたします」と切り出した。

   DWUがこの「宣言」をした翌日、漫画村がアクセス不能状態となったことで、ツイッターでは一気に注目されることに。DWUは11日、ツイッターで「漫画村潰し成功ですわね」「漫画村さん聞いてる? これだけは言わせて バーチャル屍だ」と挑発的な文言を投稿した。

海外サーバー事情「把握していた」

   DWUは12日、公式Twitterを通じ、J-CASTニュース編集部の取材に応じた。

「知人筋が漫画村を追っていまして、その関係で海外サーバー事情など情報は把握しておりました」

と回答。漫画村が11日以降、権利保持者のDMCA(デジタルミレニアム著作権法)に基づく申請でGoogleの検索結果から除外されていることについても、

「出版社関係から話を聞いています。最近までどの大手出版社も他社を頼りにし行動を起こさなかっただけです。火事現場で誰も消防車を呼ばない漫画をあれだけネタにしたくせに、人間は本当に愚かですわ」

とコメントした。

   さらに詳しく聞こうとしたが、DWUは「情報は把握していた。それ以上を語るのは野暮で、想像は各々の自由です」と語るのみ。インターネット接続業者(プロバイダー)が自主的な取り組みとして海賊版サイトへの接続を遮断するサイトブロッキングについては、「是非はともかく、政府側ができる最大限の対策ではあるでしょうね」と持論を述べた。

   政府は13日の知的財産戦略本部・犯罪対策閣僚会議で、国内のプロバイダーにサイトブロッキングを促す緊急対策を決定した。早ければ秋の臨時国会に関連法案を提出する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中