ちびまる子ちゃん、祖母が「分身」!? フジ「作画上のミス」認めて反省

印刷

   2018年4月15日放送のアニメ「ちびまる子ちゃん」(フジテレビ系)で、まる子の「おばあちゃん」が同じ場面に2人いるシーンがあり、視聴者からツッコミが相次ぐ出来事があった。

   フジテレビ広報室は16日、J-CASTニュースの取材に対し、話題の場面について「作画上のミスです」と回答した。

  • 2018年4月15日放送の「ちびまる子ちゃん」(フジテレビ系)より
    2018年4月15日放送の「ちびまる子ちゃん」(フジテレビ系)より

「おばあちゃん2人おる」

   まさかの事件が起きたのは、番組後半に放送された「中野さん、さくら家に泊まるの巻」のワンシーン。

   この回では、まる子の祖父・友蔵と仲の良い中野さんが、自宅の鍵を忘れてしまいさくら家に泊まることに。夕食時、一同がちゃぶ台を囲んでテレビを見ている場面で、おばあちゃんに「異変」が起きた。

   テレビのチャンネルを変えるため、座布団から立ちあがったおばあちゃん。画面は天井の辺りからお茶の間全体を映すアングルに変わり、おばあちゃんはテレビのすぐ脇まで移動している。

   しかし、この場面をよく見ると、友蔵の隣にもおばあちゃんの姿が。つまり、テレビ脇まで動いたおばあちゃんと、移動前の座ったままのおばあちゃんの2人が、同じ画面に同時に登場していたのだ。

   この事態に気づいた視聴者は騒然。ツイッターやネット掲示板には、

「おばあちゃん席立ったのにもう1人席にいるんだけど...」
「確認したら本当にお婆ちゃん分身してたwただの作画ミスだよね」
「リアルに放送事故やん(笑)おばあちゃん2人おる」

といった驚きや困惑の声が相次ぐ騒ぎとなった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中