2019年 8月 19日 (月)

福田次官、辞任も「あーんな発言したことない」 音声は「部分をくっつけているように...」と反論

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   女性記者へのセクハラ発言疑惑が週刊新潮により報じられた財務省の福田淳一事務次官が辞任することを、2018年4月18日18時20分ごろ、麻生太郎財務相が明らかにした。

   その後開かれた記者会見でも、福田氏は疑惑については強く否定し、今後は裁判で事実を争っていくと語った。

  • 福田事務次官が辞任を発表(画像はイメージ)
    福田事務次官が辞任を発表(画像はイメージ)

今後は裁判で疑惑について争うと明言

   麻生財務相は、

「福田次官から、疑惑について引き続き身の潔白を明らかにしていきたいが、この報道をきっかけにした現在の状況を鑑みると、職責を果たすことが困難であるとして、辞職の申し出があり、私としてはこれを認めることにしております」

と、福田氏の辞任を明らかにし、次官の職務は当面の間、矢野康治官房長が代行することを伝えた。

   福田氏はその後19時頃に記者会見を開き、改めて辞意を伝え、週刊誌報道は事実と異なるため、今後は裁判で争っていくと、疑惑については強く否定した。

   記者からセクハラ疑惑を認めるか、という質問が飛ぶと、福田氏は、

「自分の声と言うのは、自分の体を通じて聞くので、録音された声が自分の声か分からない」

と答え、記者との会合の有無についての質問に対しては、1対1を含めて男女問わず機会はあったと認めながらも、疑惑のセクハラ会話については

「あーんな発言はしたことはありません」

と、語気を強めながら重ねて否定した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中