2019年 10月 15日 (火)

京都人の「いつも楽しそう」は「うるさい」!? マリ出身・精華大学長のエピソードに反響

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   アフリカ・マリ出身の京都精華大のウスビ・サコ学長(51)が、「京ことば」についてのエピソードを米ニューヨーク・タイムズ紙の取材に語ったところ、ネット上で大きな話題になっている。

   サコ学長は、1991年に来日し、京大大学院の博士課程で建築学を学んだ。2001年から京都精華大で教べんを執り、18年4月から学長をしている。

  • 京都では、逆のことを言う文化も(写真はイメージ)
    京都では、逆のことを言う文化も(写真はイメージ)

ニューヨーク・タイムズ紙が記事で紹介

   サコ学長のエピソードは、ニューヨーク・タイムズ紙の4月13日付ウェブ版英語記事に載った。

   サコ学長は、就任後に学生たちの前で「君たちは家を出たが、ここも君たちの家だ」などと歓迎の言葉を述べたと記事で伝えられ、続いて、その出自についても紹介された。

   その中で、サコ学長は、京都の文化になじむのに苦労したことが明かされた。京都では、言ったことと逆の意味になることがあるというのだ。

   サコ学長は若いころ、自分のアパートで何回かパーティーを開いたことがある。すると、近所の人たちは、「お友達といつも楽しそうにしてはって、うらやましおす」といったような言葉をサコ学長にかけた。そして、サコ学長が近所の人たちを次のパーティーに誘ったところ、なんと警察が呼ばれたというのだ。

   警察からは、「騒がしすぎる」と注意を受けた。しかし、サコ学長は、「でも、近所の人たちは、それがいいって言ってたんですよ」と必死になって説明したという。その後、サコ学長は、感受性を失わないようにしながらも、京都の文化を深く理解する努力を日々続けているそうだ。

   このエピソードは、ツイッターやネット掲示板で大きな話題になり、様々な意見が書き込まれている。

   京都以外の出身者や外国人には、あまりにも分かりにくいとして、疑問の声が次々に出た。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中