2018年 7月 19日 (木)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち 福音派と大統領の蜜月は続いている

印刷

   教会に来たはずが、そこは巨大な映画館か、野球のスタジアムのようだった。広々としたロビーにレセプションがあり、カフェも設置されている。

   礼拝堂はまるでコンサートの会場だ。ステージのロックバンドに合わせ、ゴスペルのオンパレードだった。伝統的な賛美歌はひとつも歌わない。

  • 米国民でキリスト教福音派の8割がトランプを支持しているという
    米国民でキリスト教福音派の8割がトランプを支持しているという

メガチャーチを誘致する自治体

   この連載の前回の記事「『大統領支持者の教会へ行ってみた』」で、ジェリー(79)と夫のアル(80)が、私がクリスチャンと知って、自分たちの通う教会に連れていってくれたのだ。2018年2月、フロリダ州クリアウォーターでのことだ。

   ここカルバリー・チャーチは、南部バプティストのメガチャーチ(礼拝に2千人以上が参加する巨大教会)だった。バプティストのなかには、聖書原典の内容を完全に正しいものと解釈する人も多く、保守・キリスト教右派的なキリスト教根本主義の傾向が強いとされる。

   1866年に設立されたカルバリー・チャーチは元々、町の小さな教会だったが、今や信者6千人のメガチャーチへと成長した。

   礼拝は最初から最後までカジュアルな雰囲気。祈りは、マイク片手に、ピアノ演奏をBGMに捧げられる。牧師は堅苦しいローブなど身につけず普段着で、説教もカジュアルだ。照明や音楽を効果的に使い、話の導入にビデオを見せるなど、演出も凝っていて、信者を飽きさせない。

   近年、若者を中心に教会離れが進み、伝統的な町の小さな教会が伸び悩む一方で、敷居の低いメガチャーチは急成長を遂げた。今、全米に1500以上のメガチャーチがあるとされ、出席者数は7百万人。1990年代の7倍以上と、大幅に伸びている。

   メガチャーチの多くは、人口増加によって都市が拡大した郊外に進出した。新たな土地でコミュニティを求める人たちや、それまで宗教に関心のなかった若者を呼び込んでいった。町の活性化のために、メガチャーチを誘致する自治体もあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中