2018年 5月 24日 (木)

東宝が「となりの怪物くん」イベントの不手際を謝罪 当選したのに入れず、10代女性「憤りを感じました」

印刷

   抽選イベントに「当選」したのに、「満員」で参加できなかった―。

   2018年4月23日に東京都内で開催された映画「となりの怪物くん」のイベントについて、こうした声がツイッター上に散見される。映画の配給会社で、イベントを運営した東宝は24日、イベントでの不手際を映画の公式ウェブサイトにお詫び文を掲載した。いったい現場ではどんなことが起こっていたのか。

  • 映画の公式サイトに掲載されているお詫び文(画像はスクリーンショット)
    映画の公式サイトに掲載されているお詫び文(画像はスクリーンショット)

具体的な説明なく、帰宅を促された

   新社会人や新入生といった、この春新たなスタートを切る「フレッシャーズ」に向けたイベントで、一般参加者は映画の公式ウェブサイトで募集していた。当選者数は「275組550名」。ツイッターユーザー名「きんぴら」さんは当選者の一人だった。この春高校生になった10代女性で、西野カナさんのファン。イベントで西野さんの生歌を聴くのを「心待ちにしていた」という。

   イベントは17時45分開場、18時30分開演だった。当選メールには、「座席は先着順ではないこと」「満員の際は入れない場合があること」が記載されていた。きんぴらさんは友人とともに学校終わりに急いで会場に向かい、18時20分ごろに到着。すでに多くの人であふれていた。並んで待っていたものの、45分頃に運営スタッフからイベントに参加できないことが伝えられたため、説明を求めた。会場に入れていなかった人は、100人以上はいるように見えたという。スタッフからは「あらかじめ当選メールに入れない可能性があることを記載していた」以外の具体的な説明はなく、早く帰るように促された。

   J-CASTの取材で、きんぴらさんは今回の件をとても残念に思っていることを明かした。

「このようなことになって非常に残念だし憤りを感じました。もう試写会には行きたくないな、って思ってしまいました。もうこのようなことが起きないことを願います」

   きんぴらさんのように当選したのにもかかわらず、イベントに参加できなかったといった人はツイッター上に複数見られる。

運営側「深くお詫び申し上げます」

   本件に関してJ-CASTニュースは4月24日夕、東宝宣伝部に同イベントにおいて運営に不手際があったかどうか取材した。宣伝部の担当者からは、下記回答をもらった。同様の文は、映画「となりの怪物くん」の公式ウェブサイトに掲載されている。

「4/23の試写会において、私共の予想を大幅に上回るお客様にご来場いただいたため、運営側で混乱が生じ、一部のお客様に映画をご鑑賞いただけない事態となりました。
お忙しい中ご来場くださいましたお客様に、楽しみにされていた映画をご鑑賞いただけなかった点につき、深くお詫び申し上げます。
今後は 同様の事態が生じませんよう、宣伝スタッフ一同、改善に努めてまいる所存でございます。
何卒ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます」

   またきんぴらさんへの取材で、24日夜に東宝が今回当選したにもかかわらずイベントに参加できなかった人にメールを送ったことがわかった。内容は本件の謝罪と映画の前売り券を後日送付するといったものだったという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中