2018年 11月 16日 (金)

山口達也は「治療」に専念すべきだったのか 香山リカ、アルコールめぐる事務所対応に疑問

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   精神科医の香山リカ氏(57)が2018年4月26日、強制わいせつ容疑で書類送検された「TOKIO」の山口達也メンバー(46)について、「立派なアルコール依存症じゃないですか」との見解をツイッターに投稿した。

   さらに香山氏は、「アルコール依存症という病気になってるのが明らかなタレントに、適切な治療も受けさせずに仕事バンバンやらせるって」と指摘。「事務所の安全配慮義務は問われないのか」との疑問を示した。

  • 山口達也メンバー
    山口達也メンバー

「依存的なものはない、と自分では思っている」

   送検報道を受けて26日昼に開いた会見で、山口メンバーは「お酒の関係」で体調を崩し、事務所の勧めで1か月程度入院していたと告白。退院当日、焼酎の瓶を1本空けるなど大量に飲酒をし、酔った状態で女子高校生を自宅に招いたと説明した。

   山口メンバー本人は、記者から「アルコール依存症」の可能性を問われ、

「依存的なものはない、と自分では思っている」

と明確に否定していた。

   だが、香山氏は会見後に更新したツイッターで、

「山口達也さんはアルコールの問題で1ヶ月入院し、退院した日に飲酒して事件起こしたってホントですか?だとしたら、立派なアルコール依存症じゃないですか」

との見解を示した。

   その上で、「アルコール教育してくれる病院に3ヶ月は入院して、そのあとは断酒会かAA(編注・アルコホーリクス・アノニマス=アルコール依存症患者の自助グループのこと)に通ってほしい」とも提言。「仕事は2年は無理です」とも訴えていた。

「適切な治療も受けさせずに仕事バンバンやらせるって...」

   さらに香山氏は、こうした状態の山口メンバーに仕事を続けさせていた事務所の対応も問題視。本人が会見で話していたなど内容から、山口メンバーについて、

「飲酒欲求をコントロールできず、病的酩酊(記憶を失うなど)も起こすなどアルコール依存症という病気になってるのが明らか」

だと改めて指摘。その上で、

「適切な治療も受けさせずに仕事バンバンやらせるって、事務所の安全配慮義務は問われないのか」

との疑問を投げかけた。続けて、「被害者があまりに気の毒だ」ともこぼしている。

   なお、山口メンバーのアルコールに関する問題については、26日放送の「情報ライブ ミヤネ屋」にコメンテーターとして出演していた医師の木下博勝氏も、

「(退院)当日、また飲んでいますからね、本人は否定されていましたけれど、依存症ということは言えると思いますね、僕は」

との見解を示していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中