2018年 8月 14日 (火)

パワプロ最新作にバグ多発 途中でフリーズも...コナミ「解決に全力」

印刷

   人気野球ゲームのシリーズ最新作「実況パワフルプロ野球2018」に、購入者から不満の声が相次いでいる。選手の能力が試合に反映されなかったり、特定の条件下で画面がフリーズしたりする「バグ」(不具合)が存在するためだ。

   「パワプロ」シリーズの公式ツイッターアカウントには、苦情のリプライ(返信)が殺到。いわゆる炎上状態となっている。発売元のコナミは取材に対し「制作チームが全力で解決に向けて取り組んでいる」などと説明した。

  • 「実況パワフルプロ野球2018」(C)Konami Digital Entertainment
    「実況パワフルプロ野球2018」(C)Konami Digital Entertainment

パワプロ公式ツイッターは「炎上」

   2018年4月26日に発売された「実況パワフルプロ野球2018」は、シリーズでは2年ぶりとなるナンバリングタイトル。メーカー希望小売価格はPS4版が7980円(税別)、PS Vita版が6980円(同)だ。

   野球選手を育成する人気モード「サクセス」のキャラクターボイス導入や、VR(仮想現実)モードの搭載。このように、シリーズ初となる要素も多かった同作だけに、ファンの間では発売前から期待の声が広がっていた。

   だが、ソフトを購入したプレーヤーからは、発売後すぐに不満の声が出ることに。バグの存在を受けて、開発側にSNSなどを通じてクレームを入れるユーザーが相次いだのだ。

   報告されているバグは、(1)投手を打者としてDHで起用するとフリーズする場合がある(2)選手の能力が試合に反映されないケースがある(3)相手チームのエラー率をアップするアイテムの効果が、自分のチームに反映される――などだ。

   そのほか、「サクセス」モードの難易度が高くゲームオーバーになりやすいことや、「ペナント」モードの成績の変動が大きすぎることなど、ゲームバランスに不満を抱くプレーヤーの姿も目立っている。

   実際、「パワプロ」の公式ツイッターには、

「早く修正をお願いします、まともにプレイできません」
「お前らテストプレイやってんのか?2年やって何やってたんだよ」
「よくこんな状態のを商品として出せますよね。。。」

といった厳しいリプライが数多く寄せられている。

「アップデートにて対応予定です」

   苦情の問い合わせが相次いだことを受けてか、コナミの「お客様相談室」のツイッターアカウントは5月1日、

「『実況パワフルプロ野球2018』へ現在多数お問い合わせをいただいており、ご案内までにお日にちをいただいております。現在順次ご返信させていただいてますので、どうぞ今しばらくお待ちください」

と報告。その上で、「お客様へはご迷惑をおかけ致しまして誠に申し訳ございません」とも謝罪していた。

   こうした状況について、コナミデジタルエンタテインメントの広報担当者は2日、J-CASTニュースの取材に対し、苦情の声が相次いでいることは「把握しております」と説明。その上で、

「現在、制作チームが全力で解決に向けて取り組んでおり、アップデートにて対応予定です。なお、アップデートの日程については、改めて商品サイト等を通じてお知らせをいたします」

と説明。また、お客様相談室に届いた意見や要望については、「制作チームと随時情報連携を行っております」としていた。

   なお、「パワプロ2018」の公式サイトでも、2日夕までにゲームのバグに関するお知らせが掲載された。そこでは、制作チームが現時点で確認している不具合を記載しつつ、それ以外の現象についても「現在調査中であり、引き続き修正、調整を検討して参ります」としていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中