2019年 11月 22日 (金)

長瀬智也、会見でも「天然」発揮 事件1週間の思い聞かれ「空港に向かい...」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

「TOKIOの楽曲は、彼ひとつの音がないと全く形にならない」

   山口メンバーの行いに、「大人として、一人の男として、このような道を行くことは決して許されることではありません」と断罪。「被害者の方に純粋な気持ちがあったと思うと胸が苦しいです」と寄り添いながら、

「なので、被害者の方を責めたり特定したりするような人が出ないことを心から願っています」

と、一部ネット上で女子高生へのバッシングが出ている状況を諫めた。

   また、山口メンバーの存在の大きさについても、「ロックバンド・TOKIO」におけるベーシストの観点から語っている。

「僕らは23年間バンドでやってきました。ひとつの音がなくなってしまうということは、そういうことなんだと思います。TOKIOの楽曲は、彼ひとつの音がないと全く形にならない」

   こうした長瀬さんの言葉はツイッター上でも

「長瀬の男気に(泣)」
「この会見で最重要なことは、何よりも長瀬くんの被害者の特定や被害者への中傷はやめて、という言葉だと思う」
「長瀬くんの純粋さと天然ボケっぷりが大好きなんだけどそんな彼が『被害者の方を特定したりする人が出ないことを願います』って発言したのツラすぎる」
「長瀬くん『ひとつの音がなくなる』という言葉が響く」

といった反響があがっていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中