2018年 9月 19日 (水)

TOKIO長瀬がソロ転身? テリー伊藤の提案に批判相次ぐ

印刷

   ひとまず4人での活動を継続することになった「TOKIO」。

   そんななか、テリー伊藤さん(68)が、長瀬智也さん(39)のソロ活動を提案した。

  • 「ソロ」提案に批判(2008年6月撮影)
    「ソロ」提案に批判(2008年6月撮影)

長瀬さん「ひとつの音がないと全く形にならない」

   2018年5月2日の会見で、長瀬さんは、

「僕らは23年間バンドでやってきました。ひとつの音がなくなってしまうということは、そういうことなんだと思います。TOKIOの楽曲は、彼ひとつの音がないと全く形にならない」

と、ベーシスト不在の中では、音楽活動を休止せざるを得ない現状を伝えた。

   テリーさんは、これを受け、3日の「ビビット」(TBS系)で、

「長瀬くんって、ものすごく音楽的才能があるから、それこそソロでね、この間(山口メンバーの謹慎中に)活動しても良いんじゃないかなって」

と発言した。

   ミュージシャンには時期に応じて、出せる音楽や言いたいメッセージがある。それを「TOKIOが集まらないとできない」とするのではなく、「ミュージシャンとしてのワガママさ」を持って、他の人とのセッションなどもできるのでは、との意見だ。

山口抜きでは、4人体制の「1年目の音」になる

   国分太一さん(43)は、テリーさんの発言に対して、長瀬さんが音楽に「責任感」を持っていると返答した。メンバーが演奏できず、代役を入れることになると、「それはもうTOKIOの音楽ではない」という。それは例え、プロのミュージシャンであってもだそうだ。

「23年間、そのレコーディングの仕方をやってきてますから、これから山口が抜けることになって、レコーディングがあったとしても、それはもうTOKIOの音ではない、4人でやるTOKIOの1年目の音になる、っていう事もあると思うんですよね」

   それでもテリーさんは「無責任な立場になるかもわからないけど」としつつ、「(ソロでの音楽を)聞いてみたいな」と改めて語った。

   テリーさんの発言に対しては、ツイッターで批判的な反応が多い。

「それは無いだろうテリーよ」
「絶対今長瀬ソロとかどうのって話題いらんだろ」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中