2018年 6月 18日 (月)

毎度泥酔、捜索願い出された過去も 夏菜の「お酒エピソード」が結構ヤバい

印刷

   NHK「朝ドラ」のヒロインも務めた女優の夏菜さん(28)が明かした「お酒」のエピソードに、SNS上では心配の声が上がっている。

   それは2018年5月12日に放送されたトークバラエティー番組「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系)にゲストとして出演したときのことだった。

  • 夏菜さんの「お酒エピソード」に心配の声も(画像はイメージ)
    夏菜さんの「お酒エピソード」に心配の声も(画像はイメージ)

「15杯から20杯くらい飲みます」と笑顔

   この日番組では、夏菜さんの素顔に迫るべく、さまざまな質問がぶつけられた。中でも注目されているのは「お酒」についてのエピソードだ。

   夏菜さんは飲酒が日課だというが、毎度泥酔するほど飲んでしまうという。酔った状態でコンビニに行くと、おにぎりやスナック菓子などを大量購入するが、その記憶は全くないそうだ。

   番組MCを務める久本雅美さんから「どれくらい飲んじゃうの」と聞かれると、

「突然来るんですよね。『まだ全然普通じゃん私』と思って飲んでると、スコーンって急に...危ないんですけど。でも好きで、15杯から20杯くらい飲みます」

と笑顔で話した。また、

「意識をなくして大体寝ちゃうんですけど...いや一瞬というか結構しっかり寝ちゃって、電車で埼玉の知らない駅とかに着いてて、ホームのベンチで寝てたりとか。捜索願いをお父さん、お母さんに出されたりとかもあって...」

とぶっちゃけ、スタジオを驚かせる場面も。翌日に仕事があっても同様に飲むと言い、

「深夜便で海外に行くっていう仕事があって、深夜2時とかの便だったので、『夜11時くらいまでイケんじゃね!?』っていう気持ちで飲んでで、そのまま飛行機の中で寝ようと思ってたんですよ。そしたら見事につぶれちゃって...」

と自ら暴露。幸いその飛行機の搭乗には間に合ったようだ。

   夏菜さんは2012年にNHK連続テレビ小説「純と愛」のヒロイン役に抜擢。その時には、撮影現場である大阪などに友達がいない事から、寂しさやストレスのはけ口がなく、「お酒を毎晩飲んで、マネージャーを毎日連れ出して...」とお酒でストレスを発散していたことも明かした。

「ふつうにダメ」「周りに迷惑極まりないな」と厳しい声

   「お酒」での失敗エピソードを、笑顔で話す夏菜さんにツイッターなどのSNS上には、

「酒飲んで毎日楽しく過ごしてるって、毎回記憶とぶくらい飲むことも駅のホームで寝てる社会人ってふつうにダメでしょ」
「メレンゲの気持ち視聴中。ゲストの夏菜さんが話すエピソードが全部ちょっと心配になる」
「夏菜さん、飲んで記憶なくすとか捜索願い出されたとかネタみたく面白おかしく話してるけど全然面白くないからやめた方がいいと思う」
「夏菜、仕事に影響するの分かってるくせに潰れるほど飲むって、周りに迷惑極まりないな。飛行機に乗れないと焦ってたであろうマネージャーとかほとほと嫌気がさしてんだろうな。 それでも毎日飲みたいとかアルコール依存性じゃないの」

と心配の声が上がっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中