2018年 8月 20日 (月)

「YouTubeチャート」初週は米津玄師が首位独占 CDチャートより実情に近い?

印刷

音楽プラットフォームとして無視できないYouTubeの存在感

   米津さんはCDを主体としたオリコンのランキングでは、今のところ週刊シングルチャートの1位を獲得したことはない。そのオリコンの直近の週間ランキング(4月30日~5月6日)では、HKT48、乃木坂46がそれぞれ1位、2位を占めている。

   一方かつてはCDがメインだった音楽の視聴手段は、ダウンロードを経てストリーミングが主流になりつつある。

   一般社団法人・日本レコード協会が発表した2017年度版の「音楽メディアユーザー実態調査」によると、「主な音楽聴取手段」(複数回答可)としてCDを挙げた人が54.6%だった反面、YouTubeを挙げた人は61.6%と最も高かったという。

   そのため、現代において、YouTubeを音楽プラットフォームとして使う人の影響力は無視できない。

   そうした背景に加え、視聴回数という分かりやすい指標から、

「若い子に聞く流行りとだいたい一致してる!」
「逆に今までなんでなかったんだろうってくらい、いいね?」
「時代の音楽ニーズが明確に見える」
「実際にどれだけの人が時間を使ってるのかがわかるチャートにこそ意味がある」

と、新たな音楽チャートの登場には好意的な声が多数上がった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中