2018年 5月 24日 (木)

国会に「プリキュア」おじさん登壇 立民議員、異色の首相批判

印刷

   国会もいっそ、「プリキュア」に助けを求めてみては――2018年5月15日の衆院本会議で、女児向けアニメの人気シリーズ「プリキュア」を引き合いに、野党が安倍政権を批判する珍しい場面があった。

   質疑に立ったのは、立憲民主党の桜井周・衆院議員(47)だ。小学生の娘がいるという桜井氏は、春休みに「プリキュア」シリーズの劇場版「プリキュアスーパースターズ!」を一緒に見に行った――と、いきなり語り始めた。

  • 「プリキュアスーパースターズ」公式サイトより
    「プリキュアスーパースターズ」公式サイトより

子どもたちがウソバーッカになると「懸念」

   「プリキュアスーパースターズ!」はシリーズ24作目の映画として3月17日に公開、世界を「嘘だらけ」にしようと暴れる怪物「ウソバーッカ」に、正義の味方であるプリキュアたちが力を合わせて挑む、という内容だ。以下、ネタバレになるが、実はこのウソバーッカ、元々普通の少年だったが、他人に「嘘をつかれた」(と思い込んだ)ことをきっかけに、悪に染まってしまった、と設定されている。

「これを、子ども向けアニメの作り話と笑い飛ばすことが出来ないのが、わが国の政治の現状です。なぜなら、安倍内閣が嘘ばっかりだからです」

   桜井氏は直前の質問で、加計問題などをめぐる政府の姿勢を批判していた。「国会において大臣が、そして政府高官が公然と嘘をつく現状では、豊かな人間性も道徳性も身につかないのではないですか? 嘘をつかれた子どもたちが映画『プリキュア』のようにウソバーッカになってしまうのではないかと懸念します」と続けると、議場には笑いが起きる。

「そこで文部科学大臣にお尋ねします。安倍内閣の多くの嘘が子どもたちの育ちに与える悪影響について、文部科学大臣はどのように把握されて分析されていますか?」

   林芳正文科相は仏頂面のまま、「内閣としては(中略)ひとつひとつ着実に取り組み、成果を上げることを通じて国民から信頼される行政に取り組んでいきたいと思います」とのみ答え、残念ながらプリキュアの話題に乗ることはなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中