2018年 11月 17日 (土)

西城秀樹さんの訃報に驚き 「あの歌詞が重く感じますね」

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   歌手の西城秀樹(本名・木本龍雄=きもと・たつお)さんが2018年5月16日、急性心不全で亡くなった。63歳だった。17日、各メディアが報じた。

   ヒット曲「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」をはじめ、その楽曲は幅広い世代に親しまれた。突然の訃報に、追悼の声が次々とあがっている。

  • 西城秀樹さんが亡くなった…(画像は本人の公式ブログより)
    西城秀樹さんが亡くなった…(画像は本人の公式ブログより)

「傷だらけのローラ」「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」など

   1955年、広島市生まれ。72年に「恋する季節」でデビューすると、独特の歌声や甘いルックスで大人気に。「ワイルドな17歳」のキャッチャフレーズと、「ヒデキ」の愛称で親しまれた。郷ひろみさん、野口五郎さんとともに「新御三家」と呼ばれ、音楽界を席巻。73・74年には日本レコード大賞歌唱賞を連続受賞し、NHK紅白歌合戦には18回出場した。

   「傷だらけのローラ」(74年)、「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」(79年)、「ギャランドゥ」(83年)などヒット曲は枚挙に暇がなく、今なお街やテレビで耳にすることがある。

   91年にはアニメ「ちびまる子ちゃん」のエンディング曲「走れ正直者」、99年にもアニメ「∀ガンダム」(フジテレビ系)の主題歌「ターンAターン」を歌唱し、若年層の認知も得た。また、歌手にとどまらず、俳優やバラエティ番組などにも活躍の場を広げた。

   病と無縁ではなかった。2003年に脳梗塞を発症。その後復帰したが、11年に脳梗塞を再発し、軽度の言語障害が残った。なおも音楽への情熱を燃やし続け、15年には還暦記念アルバム「心響 -KODOU-」も発売した。

   多くの人に愛されたトップアイドルの訃報に、ツイッターでも哀悼のコメントが相次いでいる。

「若いウチはやりたいこと何でもできるのさ って歌詞が重く感じますね...ただ、ヒデキは逝くにはまだ若すぎたはずだ」
「今日からはヒデキの居ない世界なのだ、もうYMCAを歌い踊るヒデキはどこにもいないのだ、と考えると少し切ない。ふとしたときに聞きたくはなるのだよ、あの歌」
「ヒデキ、若すぎますよ。だが忘れまい。お疲れさまでした。ありがとうございました。悔しいけれどお前に夢中」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中