2018年 6月 19日 (火)

加計新文書「捏造説」唱える人たち 「フォントが違う!」と言うけれど...

印刷

   「これは明らかに捏造されてると思います」「完全なフェイクニュース」――愛媛県による「新文書」提出により、新たな局面を迎えた加計学園問題だが、ネット上の一部で、その信憑性をことさらに疑う声が上がっている。

   その大きな「根拠」となっているのが、文書のフォントをめぐる問題だ。

  • 国民民主党・玉木雄一郎共同代表のツイート。首相に関する箇所にマーカーを引いているが、その部分に「フォントが違う」などの声が
    国民民主党・玉木雄一郎共同代表のツイート。首相に関する箇所にマーカーを引いているが、その部分に「フォントが違う」などの声が
  • 宮本徹・衆院議員がツイッターで公開した文書の画像を、編集部で一部加工。赤色で示した箇所が、他と違いゴシック体となっている
    宮本徹・衆院議員がツイッターで公開した文書の画像を、編集部で一部加工。赤色で示した箇所が、他と違いゴシック体となっている

「獣医大学いいね」部分はゴシック体

   2018年5月21日、愛媛県が新たに参議院事務局へ提出した文書では、安倍晋三首相が15年2月25日時点で加計学園の加計孝太郎理事長と面会、学園の獣医学部新設構想を聞かされたとの内容が含まれている。17年1月20日に初めて構想を知った、とする過去の答弁とは食い違う。

   安倍首相は22日、面会の事実そのものを否定したものの、22日付の朝日・毎日朝刊はそろって一面トップ、読売・産経も大きく報じた。勢いづくのは野党で、これをてこに、一斉に政権への攻勢を強める構えだ。

   一方、ツイッターなどでは、主に政権を支持する人々から、文書が「捏造だ」との主張が見られる。

   いったいなぜ? 件の文書は、メディアや野党議員のツイッターなどを通じて、その写真が公開されている。それをつぶさに見ると、フォントに「不自然」な点があるというのだ。

   たとえば、最も注目されているこの部分である。

「2/25に理事長が首相と面談(15分程度)。理事長から、獣医師養成系大学空白地帯の四国の今治市に設定予定の獣医学部では国際水準の獣医学教育を目指すことなどを説明。首相からは「そういう新しい獣医学部の考えはいいね。」とのコメントあり。また柳瀬首相秘書官から、改めて資料を提出するよう指示があったので、早急に資料を調整し、提出する予定。」

   文章は基本的に、明朝体と思われるフォントで構成されている。ところが、上記のうち「首相からは~コメント」「柳瀬首相秘書官~提出するよう指示」の箇所については、ゴシック体と思われる別フォントが使われていることが確認できる。

捏造の証拠?それとも単なる「強調」?

   ゴシック体の部分は、この文書における核心の部分だ。それもあって、この部分を「切り貼り」したのではないか――などといった「疑惑」を主張する人が出ている。画像でフォントの違いなどを指摘した複数のツイートは、1000回以上もリツイートされた。またインターネット番組「虎ノ門ニュース」でも、作家・百田尚樹氏が「怪しい!」と訴える一幕が。「捏造」説は着実に拡散中だ。

   一方で、文書全体を見ると、同じくゴシック体が使われている箇所は複数ある。それを見ると、

「政治的な動きは難しい旨回答」(本文13行目)

など、いずれも執筆者にとって「重要」な内容が多い。ツイッターでは、

「重要な部分、強調したい部分だけゴシックにしたようにも見えますけど」
「捏造するのにわざわざ違うフォント使うわけねーだろ」

など、太字や下線の代わりに、フォントを変えることで「強調」しただけなのではないか、との反論も少なくない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中